おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「六月の鯨」1


 自転車を漕ぎながら公園の中に目をやると、並んだブランコをすれ違いに揺らしている二つの背中が見えた。

 あいつら早いなー。

 佑太は、ドリフトさせるように後輪のブレーキを強くかけ、緑鮮やかな木々に囲まれた公園の入口に、自転車を停めた。単車や自転車の侵入を防ぐ逆U字型の車止めの脇に、斜体で書かれた川の字のようにマウンテンバイクが三台揃う。

 佑太は黄色く塗られた車止めを勢いよく飛び越え、公園を走り出した。

 木陰に差し掛かった瞬間、夜が地表近くに溜め込んでいた冷気が、短パンから伸びた佑太の両脚をすうっと冷やす。

 六月末。セミたちが鳴き始める前のまだ静かな公園に、佑太の澄んだ声が響いた。

「おっす」

 佑太に気付いた二人は、スニーカーの底を地面に擦りつけ、ブランコの揺れを止めた。

「あーおはよう佑ちゃん」

 色白で小太りのミノルが笑顔で言う。

「おう佑太」

 佑太と同様に早くも真っ黒に日焼けしているアキラが低い声を出す。

「おはよ。早いなーおまえら」 

 佑太は手を挙げて二人に挨拶を返した。

「まぁ、どうせすることないしな」

「うん。学校がないと、朝から退屈でしょうがないよね」

 アキラとミノルは、示し合わせたかのように同じタイミングで、ブランコからはみ出した足をぶらぶらとさせる。

 先週の金曜日から、県内の学校は全て休校となっていた。

 修学旅行帰りの学校の生徒から、新型インフルエンザの感染者が見つかったからだという。

 これは感染の拡大を防ぐためということでの休校措置だったが、急に学校がなくなれば、家庭も生徒達自身も戸惑うのが自然だろう。

 大方の予想通り、繁華街のゲームセンターやカラオケボックス付近では、遊ぶ気満々の中高生たちがテレビカメラに捉えられていた。当然、各学校の生徒は自宅待機を申し渡されている。だが、共働きで両親の監視がない家庭においては、そんな指導も、まるで拘束力を持たなかったようだ。

 現にこうして、小学六年生の佑太たち三人も、朝から家を飛び出している。

「それより聞いてくれよ。さっきな、うちの自転車置き場の近くで、近所のおばさんが喋ってたんだけどさ――」

 そこで佑太は、いったん言葉を区切った。口を閉じ、にやりと笑う。

「なんだよ。佑太、早く言えよ」

「そうだよ、なんなんだよー」
 
 案の定、焦らされた二人は、ブランコから身を乗り出していた。

「あのな。塩見浜に、クジラが打ち上げられてるらしいんだ」

 二人は、唐突な佑太の言葉に、ただきょとんとしている。

「えー? クジラってあのでっかいクジラ?」

 やがて、ミノルが呆けた顔のまま口を開いた。

「そう、あのでーっかいクジラだ」

「ほんとかよ。俺さっきまでテレビ見てたけど、そんなこと一言も言ってなかったぜ」

 疑り深いアキラは冷めた口調で言う。

「バカだねぇ、まだテレビ局に情報が行ってないだけだって」

「ほんとだったらすごいよねー」

 空想癖のあるミノルは、ブランコを揺らしながら、空を見上げていた。

「そこでだ。どうだ? いまから三人で見に行かないか」

 佑太は二人に一番伝えたかった言葉を口にした。

「えー、だって、一応外で遊ぶの禁止されてるじゃん。オレたち」

 ミノルは口を尖らせて言う。

「バーカ、そんなの、母ちゃんが帰ってくるまでに戻ればいいだけの話だろ」

「まぁたしかに、まだ10時過ぎだしな」 アキラは公園の真ん中に立っている時計に目をやった。 「いまから出たら、夕方には帰ってこれるか」

「そうだよ。な、アキラ、おまえも見たいだろ?」

「そりゃまぁそうだな。クジラを近くで見れるチャンスなんて滅多にないだろうし。それで、そのクジラはまだ生きてるのか?」

「……それが分からないんだよ。そこまではおばさんも言ってなかったからさ」

「佑ちゃんとアキラが行くんだったら、オレ行く」

 ミノルは目をきらめかせ、佑太とアキラの顔を交互に見ている。

「アキラは?」 

 佑太はたずねる。

 アキラは、無言で、つま先に穴の開いた自分のスニーカーを見下ろしている。

「どうなんだよ」

 佑太はじれったい思いでアキラを促した。

「よし。行ってみるか」

 アキラはそう言うと、反動をつけてブランコから飛び降りた。












 六月の鯨2へ つづく



ショートショート:目次へ




「凹まされる日」


凹むわ……。

ほんとに凹む。

愛する妻の誕生日ですら忘れてしまうのね。男ってヤツは……。

菜摘はダイニングテーブルに頬杖を突き、ぶつぶつと呟いていた。

今日は日曜日だし、誕生日ぐらいどこかに連れて行ってくれるかな。なんて。

淡い期待を抱いたのがそもそもの間違いだった。

朝から夫の智志は、何も言わずにどこかへ出かけてしまっていた。

男は釣った魚にエサをやらないって言うけれど。あんまりだと思う。

あまりにも凹んだので、いつのまにか菜摘は、

その辺にあったメモ用紙につらつらと心情を書き出していた。

筆圧が上がってきたところで、ふと、手を止める。

そういえば、この字の書き順って、あたし知らないわ。

 

パソコンや携帯で変換している分にはなにも感じてなかったけど、

こうして、いざ手で書くとなると、ペンがすっと動かない。

つい図形を描くように書いてしまう。

どうやって書くのが正解なのかしら?

うーん。菜摘は腕を組んで唸った。

考えた所で分かりっこないか。

菜摘はあっさりと諦め、傍らにあったノートパソコンを立ち上げた。

“凹 書き順”で検索してみると――

出てきた。

なるほど。

こうやって書くのね。

菜摘はディスプレイの上に浮かせた指で凹の字をなぞる。

これちゃんと書ける人少ないんじゃないかしら?

いつか酒席で披露できる日が来るかもしれないし覚えておこう。

菜摘は何度か指で練習したあと、メモ用紙に大きく凹の字を書き出した。

うん。上手に書けたわ。

さて、と、そろそろお買い物に行かなきゃね。

菜摘はテーブルの上にそっとペンを置いた。


  ☆     ☆     ☆


「ただいまー」

パチンコで勝利した智志は上機嫌で帰宅した。

おっと。あいついないのか。

ふと、テーブルの上に目が留まる。

ん。なんだこのメモ。

「凹」と大きく書かれた右下に「買い物」と小さく書かれている。

うーむ。

智志はしばし首を傾げる。

は。

もしかして今日は……。

壁に貼られたカレンダーに目をやる。

菜摘の誕生日じゃないか!?

智志はもう一度、メモを見た。

なるほど。

そういうことか。


  ☆     ☆     ☆


「ただいま」

菜摘は買い物を終え、帰宅した。

あれ? あの人一回帰ってきたのかしら?

テーブルの上のメモパッドが消えていた。

だが部屋に人気はない。

さては。またパチンコにでも行ったのね。

ほんっとしょうがないわね。

菜摘は鼻息を荒くしながらも、夕食の支度に取り掛かった。


  ☆     ☆     ☆


「ただいまー」

やっと帰ってきたわね。

菜摘は少し強い調子で声を上げる。

「ちょっと! 遅いじゃないの!」

「菜摘」

「な、なによ」

智志は突然、大ぶりな箱を菜摘の前に差し出した。

両手でないと受け取れない大きさの箱は、きれいに包装され、ピンク色のリボンが掛けられていた。

「誕生日おめでとう!」

「お、覚えててくれたの?」

「フ。当たり前じゃないか」

智志はさらりと髪をかき上げた。

何気取ってるのよ気持ち悪い。菜摘は心の中で毒づく。

「さぁ開けて見てくれ」

「え、ええ」

菜摘はぎこちない手つきでリボンを解き、包装紙を剥がした。

「な、なによこれ? お風呂のイス?」

「フ。恥ずかしがることないさ」

「は?」

「これがスケベイスさ。お前ほしかったんだろ? だって、この絵」

智志はポケットからメモ用紙を取り出した。

 

……。

一回死ねばいいのに。

菜摘は心の底からそう思った。












ショートショート:目次へ

posted by layback at 00:44
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。