おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「男のカレー」


まずはっと。

タマネギをみじんぎりにするだろ。

なに。こんなもんサッサッサッとやっちまえば涙なんて出やしない。

で、だな。

鍋にバターを溶かして念入りにタマネギを炒めてゆく。

サッサッサッと。焦げ付かないように注意しながらっと。

ニンジン、じゃがいもを切って、じゃがいもは水にさらしてアクを抜いておいてっと。

さて、豚肉にはあらかじめ塩コショウで下味を付けとくか。

タマネギがしんなりとして色が変わってきたところで、ニンジンじゃがいも豚肉を一気に投入ー。

サッサッサッと。軽く炒める炒めるぅ。

そして適量の水を加えてっと。あとはぐつぐつ煮込めばいいだけだな。

直樹は、なにか隠し味になりそうなモノはないかと、冷蔵庫を物色する。

ソースにケチャップ。マーマレードなんかもいいかな。

冷凍庫は――

お。なにやらペーストがあるからこいつも入れちまおう。

ええい。解凍するのもまだるっこしい。

直樹はフリーザーパックから取り出したペーストを、直接、鍋に投入した。

さぁ煮立った所でアクを取ってと。火を少し弱めてフンフンフーン。


   ☆     ☆     ☆


「ただいまー」

「おお、おかえり、おつかれさん」

「なになに? 晩ごはん作ってくれてるの?」

「おう。カレーライスだ」

「助かるわぁ」

「じゃ、あとは頼む」

「ちょっと、最後までやりなさいよ」

「いや、俺は、やり残した仕事が――」

直樹はそう言うと、はぐれメタルのような素早さで、キッチンから姿を消した。

なによ。

どうせ、パソコン開いてブログやミクシーの女友達とデレデレやりとりするだけのくせに。

涼子はため息をつき、買い物袋を食卓に置く。

あきらめて、コンロにかかっている鍋を覗き込んだ。

もう煮えてるわね。

涼子は火を止め、まな板の脇に置かれていたカレールゥを、鍋に割り入れた。

「あなたー、できたわよー」

夫を呼んでおいてから、スーパーで買ってきた食材を、冷蔵庫にしまってゆく。

「お。美味そうにできたな」

「あなたの力作だもんね」

「俺とお前の共作だろ?」

直樹はそう言って、涼子のひたいにキスをした。

「やだ」

涼子はほんのりと頬を赤くする。

「悪いけど、自分で入れてもらえる?」

「おう」

涼子が食材をしまいながら横目で見ていると、直樹は多めのごはんにたっぷりとルゥをかけている。

ほんとにカレーが好きなんだから。子供のような直樹の姿に、涼子の胸はきゅんと鳴った。

「お前も自分の好きなだけ入れろよ」

「ええ、分かったわ」

涼子は、早くも食べ始めている直樹のために、福神漬けを出してやる。

えーと。あとは――

涼子は、買い物袋の底からスチロールのトレイを取り出した。

お肉は冷凍しておいた方がいいわね。

あれ?

冷凍庫の扉を開けた涼子の手がぴたりと止まる。

おかしいわ。

嫌な臭いがするからって冷凍庫に入れておいた生ゴミの袋がないわね。

捨ててくれたのかしら?

「あなた?」

直樹は顔を上げる。

額に汗が浮かんでいる。

「どうした? 美味いぞ? お前も早く食え」











ショートショート:目次へ




posted by layback at 01:56
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「女子>男子」


「ねぇ、聞いてよ、亜里沙」

「なに?」

「あたし、こないだ鹿野くんと食事に行ったんだけどさ」

「おおー、学部一のイケメンじゃない。少し髪は薄いけど……」

「うん。まぁ顔はあたしも好みだし。なんとなく話してるうちに、食事にでも行くかってことになったんだけどね」

「彼、彼女いないんだ?」

「フン。あれじゃあ、いないんじゃないの?」

「あらら。ふくれちゃって。いったい、どうしたの?」

「美味しいお店に連れていってくれたのはいいんだけどさ。あの子、野菜しか食べないのよ」

「えー、まじで?」

「せっかくのイタリアンだし、お肉やお魚も食べたいじゃん。
でも、あたしだけパクついてても恰好悪いでしょ?」

「そりゃそうだよねぇ」

「ふぅ。まったく、あーいうのを草食男子っていうのね」

……。

「アヤ、それ意味違うよ……」

「それでね、そのあと、なんとなく、二次会っていうか、二軒目に行ったのね」

「う、うん」

「そこでお酒でも飲ませたら、少しは彼も積極的になるかなと思って、あたし赤ワインを頼もうとしたの」

「おお、いい展開じゃないの」

「それで、いちおう鹿野くんは何がいい? ってあたしが訊いたらね。
あいつ、嬉しそうな顔して、僕はワカメ酒かなぁ。なんて言うのよ。
でも、そんなマイナーなお酒、お店の人に訊いてみても、笑いながらございません。って言われちゃうしでさ」

「……」

「ワカメ酒だなんて、若いくせに髪の毛のことばっか気にしてるんじゃないわよ! 
そんなとこまで草食男子かよっ! って話。もうあたし呆れて帰ってきちゃった」

「アヤ」

「ん? なに?」

「彼、けっこう、肉食かもよ……」











ショートショート:目次へ


posted by layback at 23:27
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。