おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「信じること」


「どうしたのあなた。そんなに落ち込んで」

「いや。俺なんてもうダメだよ」

「何が?」

「小説家になんかなれっこないんだ」

「何言ってるのよ。大丈夫、自信を持って」

「そんなこと言ったって、電話もかかってこないじゃないか!」

「そう言えば……。今日は乱歩賞の最終選考の日だったわね。
でも、まだ、時間もあるじゃない。ね。ほら元気だして、コーヒーでも淹れてあげるから」

「もういいんだ。俺はいさぎよく小説をあきらめるよ」

「そんなこと言わないで。あたしは心の底から信じてる。絶対に獲れるわよ」

そう言い残し、妻はキッチンへ向かった。
 

  ☆     ☆     ☆


「あなた!」

妻の叫び声。

わたしは慌ててキッチンへ向かった。

「あ、ひっ、あなた、ちょ、ひっく、助けて!」

「おい、どうした!?」

「しゃっ、ひっ、くりが、ひっく、止まらないの、っく」

妻は激しいしゃっくりの発作に襲われていた。

「と、とりあえず水を飲め! ほら、入れてやるから」

わたしは妻に水の入ったグラスを持たせた。

妻はそれをごくりごくりと一気に飲み干す。

「ふぅ」

「どうだ?」

「……。っく、ひっく、ダメ、ひっく、みたい、っく」

「よし、じゃあ、今度は息を止めてみろ、三十秒だ」

……。

……。

……。

「ぷはーっ!」

「どうだ? 止まったか」

「……。っく、ひっく、やっぱり、っく、ダメ、ひっく、みたい、っく」

むぅ。

かくなる上は。

「わぁっ!」

わたしは、考え込んでいるフリをして、いきなり大声を出した。

「ひぃっ!」

妻は飛び上がって、乾いた悲鳴を上げた。

だが結果は――

「……。っく、ひっく、もうダメ、あたし、っく、死んじゃう、っく」

その時。

電話のベルが鳴った。

なんだ? 

誰だ。こんな緊急時に。

「出、て、っく」

妻は喉に手を当て、喘ぎながらも電話を指差している。

分かった。と、わたしは頷く。

「もしもし。今ちょっと、手が離せな――

ええっ!? 本当ですか!? ありがとうございます! はい、はい、よろしくお願いします」

わたしは震える手で受話器を置いた。

「やったぞ! 乱歩賞受賞だ!」

妻は大きく目を見開いている。

「嘘っ!? やったじゃない!」

わたし達は、結婚したての頃のように、恥じらいも無く抱き合った。

「やっぱり! あたしの言ったとおりじゃない!」

「そうだな、お前のおかげだよ。ほんとうに、ありがとう」

わたしは妻のひたいにキスをした。

「ん? お前、しゃっくりは?」

「あら、止まったみたい。これもあなたのおかげだわ!」

「ふふ。良かったじゃないか」

「そうだ! この日の為に、買っておいたシャンパンが冷蔵庫にあるの。今こそ開けましょう」

祝杯を上げ、いい気分になったわたし達は、二人なかよくベッドに入った。

妻の頭の重みを二の腕に感じながらわたしは考える。

それにしても、こいつの驚きようったら。

間違いない。

絶対、信じてなかったな。











ショートショート:目次へ





「夢十夜」


カチャリ。ドアが開く。

「れいばっく君、お誕生日おめでとう」

「ん? なんだお前、手ブラで来たのか」

「迷惑だった?」

「大胆だな。こっちへ来な。抱いてやんよ」

そんな夢を見た。















ショートショート:目次へ


posted by layback at 21:53
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。