おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「お説教」


「ママわぁー、今日もぉー、キレイだねぇー」

「もう、なにバカなこと言ってるのよ」

「何がキレイって歯がキレイ! なんつってハッハッハー」

「××ちゃん、あんた飲みすぎよ」

「るっさいなぁー、いいんだよ。
いいかいママ、男にはね、飲みたいときもあるんだよぉー。
あー、俺は不幸だー、世界で俺だけが不幸だなんて不公平だーっ!」

「いい加減にしなさい!」

「はーいはいはい。こわいこわいあーこわい。
ねーママ、そんなことよりさぁ、なんかおもしろい話ないのぉー?」

「まったく、自分だけが不幸だなんて、思いあがりもいいとこよ。
ふぅ、けどまぁいいわ。話してあげるから、よく聞いて。

昔々、あるところにえらく男前のサラリーマンがいたの。
当然モテモテよ。社内社外に拘らずね。
ある日の週末。彼は、某所のクラブに行きました。ああ、昔だからディスコね。
一流会社勤務で顔もよくて、遊び慣れてる男なんだから、入れ食いよね。

彼は、この日もまんまと、一人の女の子をゲットしました。
店の外に出た彼はタクシーを拾って、彼女をホテルに連れ込もうとしたんだけど、
到着を待ち切れない二人は、車内でコトを始めちゃったのね。
まぁ運転手は見て見ぬフリよ。キスから始まって、彼の手はすぐ彼女の胸に。

これがまた熟練の手つきなもんだから。
彼以上にムラムラしちゃった彼女は、迷わず彼の股間に顔を埋めたわ。
チャックを開けて、ぴちゃぴちゃと。それはそれはいやらしい音を立てたものよ。
走行中は揺れが激しいし、なかなか難しいんだけど、ちょうど信号待ちになったのね。

そこで彼女は、ここぞとばかりに彼のモノを根元まで咥えたのよ。
まぁサイズ的にも、そんなに大きくなかったのかな。

その瞬間。

ドーーーーーーン。

そう。

オカマを掘られたのよ。そのタクシー。

衝撃で強制的に噛み合わされた彼女の上下の歯は、彼のモノを見事に根元から分断したわ。

吹き上げる血潮。

ぐじゃぐじゃになった切断面を押さえ悶絶する男。

彼女の口からは、主を失った血まみれの肉棒が、ミサイルのように吐き出されて、
砕け散った白い歯が、映画館で買ったばかりのポップコーンのようにボロボロと床にこぼれ落ちたわ。

ピンク色の泡と一緒にね。口から泡吹いてまるでカニよカニ。
運転手はハンドルに頭を打ち付けて気絶してるしね。

結局。

生死には係わらなかったものの、接合手術は失敗に終わり、彼は大事なモノを一生失ったのよ。

ねぇ。××ちゃん。彼と比べたら、女に振られただけのあんたなんて、むしろ幸せ者でしょ?
さぁ、そのお水を飲んだら、もうおうちに帰りなさい」

……。

「ねぇママ……。
ママってよく見ると、男前だよね。オカマちゃんになる前は……」

「だーめ。もうお話は終わりよ。
さぁ早く上着を着なさい。タクシーを呼んであげるからね」












ショートショート:目次へ



posted by layback at 00:07
| Comment(7) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「左右」


彼女と俺は、時々、会話がスレ違う。

「そういえばさー、京都って左寄りだよね」

「うん。たしかに昔から共産党が強い土地ではあるね」

「大阪は右寄りでしょう」

「まぁ、今の橋下知事の発言を聞いてる限りではそうだな」

「東京は左寄りかぁ」

「は? どう見ても石原都知事は左じゃないだろ」

「何言ってんの? エスカレーターの話じゃん」

「……」

ほらね?












ショートショート:目次へ

posted by layback at 21:58
| Comment(8) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。