おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「昼休み」


やっと昼休みだ。

さつきはオフィスの壁に掛けられた時計を見やり、ぐいと伸びをする。

今日は、寝坊した上に、生理も二日目で、どうにも身体が重い。

外までランチを食べに行く気には、とてもなれなかった。

トイレに行ったあと、廊下に置かれた自動販売機で、野菜ジュースを買う。

ダイエットにもなるし、ちょうどいいや。

節約節約。

外でランチを食べてコーヒーを飲むと、それだけでもう1000円コースだ。

よく考えてみるとばかばかしい。

弁当を作ればよいのだが、忙しい朝にそこまでする気力はない。

フロアに戻るとすでに人気はなく、唯一、隣の課の窓際で、

先月異動してきたなんとか係長が、パソコンとにらめっこしている。

口元がだらしなくにやけ、ハゲ散らかした頭は、

ブラインドの隙間から射す光で、ゼブラ模様になっていた。

さつきは自分のデスクへ戻り、マウスに手を伸ばした。

昼休みに外へ出ない日は、もっぱら、パソコンでネット小説を読んでいた。

検索窓にサイトの名前を放り込み、お目当てのページへ飛ぶ。

やった。

更新されてる。

最近は作者が忙しいのか、やる気がないのか、更新ペースがひどく遅かった。

先月なんて、たったの一回きり。

もうちょっとやる気だしてくださいよ。

とでもコメントしようかと思ったが、そこまでする勇気はもちろんない。

それに会社からの書き込みはさすがにまずいだろう。

まぁ、あまりうるさい会社ではないので、

休憩時間のネットサーフィンぐらいで、とやかく言われることはないのだけれど。

この作者のページは、一話読み切りで分量も少ないため、昼休みに読むにはうってつけだった。

わざわざ連載長編を追いかけるほど小説好きではないし、まして家でネット小説を読むこともない。

そう、ほんのひまつぶしなのだ。

さつきはマウスを持つ手をふと止める。

やっぱり、コメントしてみようっと。

カタカタとキーボードを打つ音が、無音のフロアにこだまする。

打ち終えたさつきは、しばし文面を見る。

これじゃ味気ないかな……。

でも、いきなり、ペラペラと熱く語り出しても気持ち悪いだろうし。

まぁいいや。と投稿ボタンをクリックする。

野菜ジュースを飲みながらメールをチェックし、数分後、

コメントが反映されているかどうか、小説サイトへ確かめに行った。


はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっています。
今日の作品も、読みやすくて、面白かったです。
今後の更新も期待しています。
Posted by メイ at 2009年05月11日 12:15


>>メイさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
今後も頑張って更新しますので、応援よろしくお願いいたします^^
Posted by Tバック at 2009年05月11日 12:18


レス早っ。

作者さんも今、ちょうど昼休みなのかな……。

さつきは、画面の奥深く、プロフィールも顔も、なにも分からぬ作者を想像する。

と、どこからか視線を感じて、顔を上げた。

遠いデスクの向こうから、隣の課の係長が、さつきを見ていた。

さつきがにこりと愛想笑いを浮かべると、なんとか係長もぎこちない微笑を返した。

二人してほぼ同時、ディスプレイに目を戻す。

まさかね。

さつきは鳴らない口笛を吹き、静かにブラウザを閉じた。














ショートショート:目次へ



posted by layback at 00:32
| Comment(6) | TrackBack(0) | ショートショート作品

【英国のオーディション番組で優勝の中年女性が来日】


47歳無職。

女。

未婚。

結婚どころか、生まれてこのかたキスすらされたことがない、と。

なるほど。

この容姿ですもんねぇ。

記事を読み終えた僕は、新聞を折りたたんだ。

松尾さんは言う。

「そうなんだよ。なのに、歌がなんとも素晴らしかった。
だからこそ会場が沸いた。そう。それこそ全英が泣いた」

「それで昨日、彼女のCDの発売記念パーティに行ってきたわけですね」

「そういうこと」

「どうでした?」

「いやー素晴らしかった。歌は」 

松尾さんは両手を広げ、大げさに眉を吊り上げる。

「そりゃそうでしょう」 僕は頷く。

「動画共有サイトの音を、僕の貧相なノートパソコンで聴いても、身体が震えましたからね」

松尾さんは黙ったままコーヒーをすすっている。

「ん? ちょっと待ってください松尾さん。 >歌は。 ってことは、
ちょっと人格的にはあれだったってことですか? 天狗になってたとか……」

「いや、そうじゃないんだ。ほら」

松尾さんはシャツの襟元を開いてみせた。

「どうしたんですか!? その痣!
まさか、暴力ですか? あんなに気の良さそうなおばさんが……」

松尾さんは、少し間を取るように煙草に火をつけ、ふうっと煙を吐き出した。

「いや、俺もな、おとなしくてウブな人だと思ってたんだ。
生まれてこのかたキスすらされたことがないって言うぐらいだしな」

松尾さんはやれやれといった様子で首を振る。

「ですよねぇ……、じゃ、いったい……」 

「あのな、彼女――」

僕はごくりと息を呑む。

「――酔うとキス魔だったんだ……」














ショートショート:目次へ

posted by layback at 22:21
| Comment(5) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。