おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「エアポケット」


いきなりで済まない。

今乗っている飛行機が墜ちそうなんだ。

乱気流というのかエアポケットというのか、よく分からないが。

そいつに巻き込まれたようだ。

機内アナウンスによると機体の一部が損傷しているらしい。

今も高度が下がり続けている。揺れもひどい。

もう、詳しい経緯を書いている時間はなさそうだ。

おそらく、助からないと思う。

君も知っての通り、俺は嘘をつけない人間だ。

だから最期にこうして、君に告白することを赦してほしい。

実のところ、俺は浮気をしていた。相手は会社の部下だ。

身体だけの関係だったが、君を裏切り続けていたことを申し訳なく思う。

そうだ、もうひとつ――

君が冷蔵庫のタッパーの中に隠していたヘソクリを、使い込んでしまった。

飲み屋のツケを払う為だ。

弁解のしようもない。赦してくれ。

もちろん、代わりと言ってはなんだが、

俺が大事にしていたスラムダンク完全版全巻セットも、純銀製のはぐれメタルフィギュアも、

ファミコンソフトコンプリートコレクションも、全て処分してもらって構わない。

今までほんとうにありがとう。俺は君と過ごせたことを幸せに思う。

書き終えた俺は、目を瞑り、送信ボタンを押――


    ☆     ☆     ☆


気が付くと、担架に乗せられていた。

俺は、助かったのか――

衣服はびしょびしょに濡れ、身体の節々がひどく痛むが、どうやら生きている。

首をもたげてみる。俺の両手は、胸の上で携帯電話を握り締めていた。

適当にボタンを押すと、墜落途中に必死で打ったメールの文面が、ディスプレイに浮かび上がった。

結局、送信ボタンを押し切る前に、不時着したのか。

水没で故障していないことも奇跡だが、もしこのメールを妻に送っていたとしたら……。

俺の身はただでは済まなかっただろう。

激昂した時の彼女は、とてもじゃないが俺の手には負えない。

俺は医師の診察を受けている間も、お守り代わりに携帯を握り締めていた。

打撲はありますが、骨や内臓、脳波にも異常は見られません。

奇跡的ですね。そう言って医師は俺に笑いかけた。

ありがとうございます。

念のため入院していきますか?

いえ、妻が心配していますので、帰ります。

俺は立ち上がり、医師に頭を下げた。

ふらつきながら診察室を後にする。

そうだ、早く連絡してやらないと。

きっと事故のニュースを聞いて、心配していることだろう。

だが病院内で携帯は使えない。

外に出次第、電話をかけよう。

それに、あとで、このメールも消しておかないとな。

バレたら、それこそ大変なことになる。

考えただけで、ぶるりと身体が震えた。

上着を羽織った俺は、携帯を脇のポケットに入れた。

かつん。

携帯は音を立てて墜落した。

おおおおお!

何故だ!?

俺は上着をまさぐる。

ポケットがあったはずの位置にポケットがない。

救出される際、どこかに引っ掛けられて破れでもしたのか……。

俺は慌てて、リノリウムの床に落ちた携帯を拾い上げた。

落ちた時のショックのせいか、

なにやらイルミネーションが点滅している。

やがて文字が浮かんできた。

 送信完了

ディスプレイは冷酷に告げていた。












ショートショート:目次へ




posted by layback at 21:46
| Comment(8) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「金言」


「おはようございます」

控えめなノックの後、更衣室のドアが開けられた。

「ああ、愛ちゃん、おはよ」

おはよ。と言っても、すでに夕方。時刻は18時前だった。
わたしと彼女、城崎愛は共に、繁華街のレストランで働く学生アルバイトだ。

「昨日、大丈夫だった?」

「あ、はい」

「愛ちゃん、すごく酔ってたでしょ?」

「すみません……」

「ううん、別に吐いてたってわけじゃないし、
誰かに迷惑をかけてたってことも無かったからいいんだけどね」

わたしは、優しい声を意識して、さりげにフォローする。

「ほんとですか?」

「覚えてないの?」

「はい」 

彼女は顔を赤らめて下を向いた。

昨日はバイトが終わった後、皆で飲みに行ったのだ。
そこで酔いつぶれるということは無かったものの、女の子らしい格好の彼女は、
うちのモテない男どもに、ちやほや囲まれ、いささか飲みすぎているように見えた。

「ほら、終電のある子もいるからそろそろ帰るぞー。って、
明石くんに引っ張られるようにして、みんな帰ったじゃない」

「はぁ」

「愛ちゃん、途中で見えなくなったから、はぐれたのかなぁ、
それとも地下鉄で帰ったのかなぁ、なんてみんなで心配してたんだけど。
ちゃんと帰ったんだよね? 大丈夫よね。今ここにいるわけだし」

「……」

彼女は完全にうつむいてしまった。
わたしは少し焦る。まずいことでも言ったかな。

「もしかして、昨日、帰ってないの?」

「はい、実は、気づいたら、もう朝で……」

「ええーっ!? 道端で?」

「いえ、ベッドの上でした」

彼女は慌てて首を振る。

「ベッドって……。まさか、ホテル?」

こくり。と無言で返事。
申し訳無さそうに頷かれてもなぁ。とわたしは思う。

「相手は、まさかうちの誰かじゃ……」

「ち、違いますっ! 知らない人でした」

「知らない人!?」

「自分でも信じられなくて」

「何やってんのよ、もう」

「すみません」

彼女の身体からへなへなと力が抜ける。
わたしは支えるようにして彼女をイスに座らせた。

「すみません、ってあたしの身体じゃないんだから、
あたしに謝ってもしょうがないじゃん。それより、愛ちゃん――」

「はい」

「たしか、処女って言ってなかったっけ?」

彼女の頬が再び赤く染まる。

「守ったの?」

「それが、覚えてないんです」

「はぁ!?」

「シーツに血とかは付いてなかったんですけど」

「うんうん」

わたしは身を乗り出す。
いつのまにか、彼女の話の内容に引き込まれていた。
違う。わたしに男っ気が無いからというわけでは断じてない。

「結局、ホテルを出たところで、その人ともお別れして……」

「名前とか連絡先は?」

「教えてないです。向こうのも……」

「ふむ」

良かったというか悪かったというか。
コメントに困る状況だ。

「でも、なんだかヒリヒリするというか、ちょっと鈍痛があるから、たぶん」

彼女はそう言って、自分の下腹部を押さえた。
やれやれ。わたしはため息をつく。
無防備な色気にも困ったものだ。

「愛ちゃん巨乳だもんね」

「そんな、普通です」

わたしは右手でおもむろに彼女の乳を揉む。

「あ」

「Eカップ」

「……正解です」

「だめよ、ほんと、お酒には気をつけなきゃ。これからどんどん薄着になってくるでしょ。
男目線で見たら、愛ちゃんなんて、おっぱいが歩いてるようなものなんだからね」

「はい、気をつけます」

「ふぅ」 わたしは息を吐く。

「昔の人はよく言ったものよね」

「なんですか?」

「『酒は飲んでも揉まれるな』

自分の身体は、自分で守らなきゃダメよ」

「……」










ショートショート:目次へ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。