おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「月光」


お月さまがきれいに見える夜は、

空気が澄んでるからか、よく冷えるね。

そう僕が言うと。

バカだなぁ。

空気が澄んでるからとか関係ないから。

これはね。

月が冷たい光を放ってるから冷えてるんだよ。

ほら。感じない?

彼女はそう言って、夜空を仰いだ。

長い睫毛を伏せ、両の手をゆっくりと広げて。

彼女の細い身体に、光がすうっと集まる。

僕は戸惑いながらも彼女の姿を真似、手を広げてみる。

半信半疑で。目を閉じて。

やがて。

ひんやりとした感触が頬に伝わってくる。

冷て。

……

こ、こらっ。

目を開けると正面に、彼女がいた。

手のひらで僕の頬をはさみながら。

ほんとバカだなぁ。

僕を見上げる小さな顔から微笑みがこぼれる。

僕は冷え切った彼女の手の甲に、自らの手を被せる。

少しでも温もりをと思って。

彼女の顔に浮かぶ二つのみずうみには、月がゆらゆらと反射していた。

別れ話の内容は。

正直。あまり覚えていない。

思い出そうとしても。

記憶の番人が僕を邪魔するのだ。

今宵。

空気は澄みわたり、月は怪しい輝きを放っている。

僕は、あの日を思い出し、静かに目を閉じる。

やがて。

両頬にひんやりとした感触が蘇る。

うん。

たしかに。

月の光は冷たい。ね。

唐突に、ぎゅうっと乱暴に、

胸が雑巾みたく絞られる。

震えが喉を駆け上がる。

熱いなにかが一筋。 

僕の頬を。

流れて、落ちた。












ショートショート:目次へ







posted by layback at 01:55
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「リアル福袋」


「福袋買いに行こうか!」

突然、マサシが言い出した。

タクミ、ショウタ、マサシ、幼馴染の中学生三人組は、

地元の神社で初詣を済ませ、今から街に繰り出そうとしていた。

「ええ? バカだなお前、福袋なんて単なる在庫処分品の詰め合わせだぜ」

タクミはそう言ってマサシの提案をばっさりと切り捨てる。

「それに自分の気に入るモノが入ってるとは限らないんだぞ。

せっかく、お年玉貰ったばっかなのに、金をドブに捨てるようなもんだよ」

言い終えたタクミは、やれやれとため息をついた。

だがマサシは、気にも留めないようすで言い返す。

「いいじゃん。今、ここに三人いるんだからさ。

みんなで一つずつ買って、あとで中身を広げて、

それぞれが、好きなモノを選べばいいんだって。

な? そう考えたら面白そうだろ?」

「だからぁ――」

タクミの反論を遮るように、横からショウタの声が被る。

「なるほど、それならいいかもしれないね」

いつもは大人しいショウタが、珍しく頬を紅潮させていた。

どうやらマサシの案に大賛成のようだ。

「ほら」 味方を得たマサシは得意げにあごを反らせる。

「2対1だ。じゃ、多数決で決定ー!」

「ちぇっ。分かったよ。お前らあとで文句言っても知らないからな」

「ハイハイ。よし、じゃ急ごうぜ」

マサシはタクミたちの手をガッチリと掴み、駅に向かって走りだした。


   ☆     ☆     ☆
 

開店20分前にお目当ての店に着いた。

ザ・ビレッジ・バガボンド。

新品輸入衣料に古着、雑貨、家具、書籍など、

ちょっとひねった品揃えで、若者に人気の店だ。

ガラス扉の前には、既に10人くらいの先客がいた。

「なんとか間に合ったな」

「良かったー」

「お前ら! 早く並べ並べ」

三人は列の後から身を乗り出すようにしてガラスの内側を覗く。

ごちゃごちゃとした売り場では、店員たちが忙しなくセールの準備をしている。

レジ近くの、ワゴンの上には、福袋が山盛りになっていた。

「ねぇねぇ、あれどういう意味だろう?」

ショウタがガラスの内側を指差しながら声を上げた。

タクミは目を細める。

積み上がった赤い紙袋の前面には、白抜き文字で「ザ・リアル福袋!」と大書されていた。

「おい、リアルってなんだ?」

「なにがリアルなんだろう?」

「そうだなぁ。うーん……」 タクミは腕組みをして唸る。

「多分ほら、本気で福を呼びます! とか、

ガチでいい商品を詰め込んでます! とかさ、そんなアピールじゃね?」

「そっか。やる気まんまんな感じだね」

ショウタは嬉しそうに頬を膨らませた。

「さぁそろそろ開くぞ。お前ら用意はいいか?」

マサシは目を爛々と光らせ、ジャンパーを腕まくりしている。

タクミが腕時計に目をやると同時に、扉の隙間から四つ打ちのビートがこぼれだす。

店内に音楽が鳴り始めたようだ。

洒落た恰好のヒゲの店員が二人、ガラス扉を静かに開けた。

タクミたちは脱兎のごとく猛ダッシュした。

「走らないでくださーい!」

背中に声を浴びせられる。

当然。誰も聞いてない。

「よっしゃー!」

やがて、三人の手が高々と掲げられた。


   ☆     ☆     ☆


タクミたち三人は福袋をぶら下げたまま、街外れにある公園へ来ていた。

二つ並ぶベンチの一つに陣取ると、各々が袋の口を破り、商品を取り出し始める。

ボロいスニーカーやら、エロいキーホルダーやら、グロいTシャツまで、

マサシとショウタの福袋からは、ザクザクと商品が転がり出してくる。

「すげー!」

「マジで、すげーなオイ!」

一方、タクミだけが、なかなか袋の封を開けられずにいた。

「クソ。何だこれ? やたら封が厳重なんだけど」

「あ、これ使えよ」

マサシからタクミに、福袋から出てきたアーミーナイフが手渡される。

「サンキュ……お。開いた、開いた」

タクミが勢い込んで、半端に開けた袋を逆さまにすると――

ぼとり。

どろっとした液体と共に、赤黒い物体が数個、ベンチに転がった。

「わ! な、なんだ、これ」

タクミは大声を上げた。

マサシとショウタの目がベンチ上の物体に注がれる。

「ひっ」 ショウタは声にならない声を上げ、ベンチから転げ落ちる。

「お、おいタク、これ人の耳じゃねーか!」

マサシは飛び上がってベンチから離れた。

「うぉぉぉおぉおぉおぉおーっ!」

三人の雄たけびが公園中に響き渡る。

「こ、これ、鼻だよ!」

ショウタが腰を抜かしたまま三角の物体を指差す。

「なんだ、このぐっちゃぐちゃでどろどろのは、まさか……目ん玉か!?」

マサシの声で、固まっていたタクミは急に我に返った。

まるでバネが弾けたように、まだ重みを残していた福袋を、地面に放りだす。

……。

カサリ。

土の上で紙袋が震える。

だが、風は吹いていない。

公園の中の全てが動きを止める。

静寂。

やがて、紙袋がもぞもぞと動き出した。

「うわぁあああああぁあぁああああああああああっ」

金縛りが解けたマサシとショウタは急に走り出した。

あ、おい!

タクミは必死に呼び止めようとしたが、声にならない。

二人は転がるようにして、公園の出口から飛び出してゆく。

一人取り残されたタクミは福袋から目が離せなかった。

袋の口がガサリと音を立て、中からゆっくりと血だらけの手首が出てきた。

うぁああああ ああ あ――

声が出せない。動けない。目を瞑ることも出来ない。

ガサリ、ガサリ、

手首は爪の長い指先を器用に使い、地面を必死に掻いている。

いつのまにか、もう、肘まで姿を見せていた。

色白の肌に赤黒い血がべっとりと付いている。

その時、タクミの目が、袋の文字を捉えた。

「ザ・リアル福笑!」

……

わ、笑えねーよ……

袋の口がぶわりと大きくたわんだ。

まるで出産。いまにも頭が産まれ出ようとしている。

真っ黒な髪の中心に綺麗なつむじが見えた。

女、女だ……

黒髪の女は顔を上げた。

タクミは目を見開く。

そこで記憶は途切れた。












ショートショート:目次へ




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。