おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「不変」


なんで男って浮気するんだろうね。

しかも奥さんが妊娠してる時に限って。

やり方が汚いわよ。

夕食後。妻と二人でテレビドラマを観ていた。

専業主婦である妻の妊娠中に旦那が外で浮気をする。

そんな普遍的なシーンに我が妻は。

たいそうご立腹のようだ。

いいかい?

わたしは人差し指を掲げた。

「まず。妊娠、受胎というのは、新たな生命=エネルギーが無から生まれるわけではなく、

母親の持つ生物エネルギーが、子供に受け継がれるということなんだ。

そう考えると「つわり」なんかは減少したエネルギーの分、母親が体調を崩す症状といえるだろう。

まぁ、そうはいっても、エネルギーの受け手である子供の身体は母親の胎内にあるわけで、

「母プラス子」で合算するとエネルギーの総量は変わらない。

これは、いわゆる“エネルギー不変の法則”というヤツだ。

だから、つわりも結局は、一時的な体調不良で済むんだな――」

「ちょっと待ってよ、それ、いったい何の話?」

妻の顔に「?」が浮かぶ。

戸惑いを隠しきれない様子だった。

いいかい?

わたしは片目を瞑り、人差し指を振る。

「もちろん。男だってそうだ。

父親の生物エネルギーも子供に受け継がれる。

母親ほどではないにしても、やはり父親の持つエネルギー量も減少する。

男としては、それが、精神的にクルわけだな。

そう、それはいわば喪失感――」

いかん。遠い目になってしまった……。

妻の眉間に雲がかかる。

「で? 何が言いたいの?」

二人の会話に忍び寄る影。

だが、わたしの口は止まらない。

「そこで男には、なんらかのエネルギー補填が必要になる。

好みの女性を探し出し、口説き、充電――

つまり、プラグを差す訳だ」

バシッ。

頭蓋に震度6。

頬がスパークし、火花がわたしの視界を埋め尽くした。

部屋の向こうに遠のいてゆく彼女の背が、涙でぼんやりと霞む。

今語ったのはあくまで一般論。

わたしの愛は不変なのに……。

テレビ画面はいつのまにか、バラエティ番組に変わっている。

観客の笑い声がなぜだか嘲笑に聞こえた。

わたしはリビングで独り。頬を押さえる。

彼女の怒りの余波が手のひらに。じんじんと響く。

痛感する。

我が妻のエネルギーはデカかった。











ショートショート:目次へ









「Fish or Die」


朝一番。

横目で様子を窺うと――

ぱん。ぱん。と二拍。

音こそ聞こえなかったが、名も知らぬ男は手を合わせて拝んでいた。

「兄ちゃん。どないや?」

昼過ぎ。耳元で声をかけられる。

オレは肩をすくめ、心底お手上げや。といった表情を作り、声の主を振り返る。

名も知らぬ男は胸元に“Fish or Die”とプリントされた黒いトレーナーを着ていた。

「ああ、おっちゃんか。あかんわ。また魚に逃げられた」

男はオレの返答に眉を寄せ、視線を台の上に向ける。

「そらそやわ」 男は芋虫のような指でデータランプを指差した。

「ほら。この台。昨日一昨日と三十回以上出てるやんか」

男はそう言って腕を組む。

“Fish or Die”の文字がクシャリと押しつぶされる。

「こら今日はあかんわ。兄ちゃん、他の台に移ったほうがええで」

男はしたり顔でひとり頷く。

バカバカしい。

前日の大当たり回数など、まったく当てにはならぬのに。

パチンコ店の常連には、こういったオカルト攻略法の信者が多くて困る。

要するに、機械に向かって拝んでいるような連中だ。

しかもそのうち約80%はお節介ときてる(もっとも、これは大阪だけかもしれない)。

オレは男のアドバイスに耳を貸さず、イスの背から後に身を乗り出した。

目を細めて通路の向こう側を見やる。

「おっちゃんは出てるみたいやな」

男が座っていた席の足元には、ドル箱タワーが景気よく積み上がっている。

「魚群からマリンちゃんかと思ったら、太い足が降りてきてな。

サムの登場や。そこから18連チャン。最後にサメ引いて、やっと今、時短が終わったところや。

連チャン中はトイレにも行かれへんし、まったくえらい難儀したわ」

嬉しそうに言うな。嬉しそうに。

オレは言ってやる。

「連チャン中でも手ぇ止めてトイレ行ったらええやんか。おっちゃん、当たりは逃げへんで」

「アホいいな。連チャン中にハンドルから手ぇ離したら、ツキが逃げてしまうがな」

男は大げさに仰け反りながら天然記念物でも見るような目つきでオレを見下ろす。

「あ。ほら、兄ちゃん、魚や」

男の目が素早く異変をキャッチした。

オレは自分の台に目を戻す。

液晶画面に魚群予告。

思わず見とれてしまう。

魚群に勝る激アツなし。

そう謳われるほど(詠み人知らず。199X年。某パチンコ店のトイレの壁にて発見される)、

極めて美麗で、絶妙な信頼度(適度に外れるのがまた良いのだ)を誇るリーチ予告。

こいつはパチンコ史に燦然と輝く名演出だ。

――おっと。話に戻ろう。

男は魚群予告を目にし、当のオレより興奮している。

むう。だからといって唾を飛ばすな。

「兄ちゃん見たか。今、魚の数多かったやろ?」

バカな。そんなことはありえない。

「これは来るでぇ。ほれ、あんたもう財布仕舞ってええよ」

だが。

マリンちゃんはそっぽを向く。

1、9のダブルリーチ(確変確定)はあえなく外れた。

「……ま。そういうこともあるわ。兄ちゃん、元気出し」

男はコーヒーワゴンの女の子を呼び止め、オレにカフェオレを奢ってくれた。

悪い人ではないのだ。ただお節介なだけだ。

うう。

女の子に砂糖を抜いてくれというのを忘れた。

甘ったるい液体を口の中で泳がせながらオレは、誰も見ていないか辺りを確かめる。

ひっそりと背を丸め、画面を注視する。

ぱん。ぱん。と二拍。

オレは目を瞑り、静かに両手を合わせた。













ショートショート:目次へ





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。