おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「最後の男」


よもや僕が、地球上に残された最後の男になろうとは――

だがリカルドは、悲観することもなく、わりと気ままに毎日を過ごしていた。

電気は屋根に取り付けたソーラーパネルから供給されるし、

食料や飲料水は捨て置かれたショッピングモールに行けば売るほどある。

(もちろん売る相手はいないのだが……)

リカルドはこの日も部屋で一人、カウチに座り、

録り溜めたテレビ番組をヴァーチャスコープで楽しんでいた。

うあっははは!

こいつは傑作だ! ははっ、はっ、はぁ……

リカルドは肩を落とした。

そりゃあ、ときおり寂しくなることもある。

家族との団欒を思い出したり、恋人のマリアのことを考えてみたり。

リカルドは力の無い手つきでヘッドフォンとスコープを外した。

その時。

ノックの音がした。

また来たか……。

リカルドはゆっくりとドアに歩み寄る。

そして、その上で這いつくばった。

「リカルド、いい加減になさい」

床に埋め込まれたドアの下から母親の声がする。

「あなたもさっさとこっちの世界へ来なさい」

「嫌だね。僕が暗い場所苦手なの知ってるだろ」

「リカルド。あなた紫外線に焼かれて死んでもいいの?」 

「暗さに怯えて死ぬよりはいいね。それに防護服だってあるんだから大丈夫さ」

ふう、と母親の重たいため息が床に響いた。

「いくら室内だと言ってもね、紫外線は入ってくるの。

だから世界中の人々が地下に潜って暮らしているんでしょ。

ねぇリカルド。いい子だからママの言う事を聞いて」

「嫌だ」 リカルドは寝そべったまま首を横に振った。

「世界中見回しても、もうあなただけよ。

地上に残っているのは。お願いだから早く降りてきて……」

近年。地上に降り注ぐ紫外線の量が急激に増大した為、

人類は皆。地球下に避難してしまった。

もはや地球上に残っているのはリカルドだけだった。

「前向きに検討しておくよ。ママ」

リカルドは下を向き、小さくそう言った。












ショートショート:目次へ






「エスニック風」


風に乗るスパイシーな香り。

通りの先に見えてきたのは藁葺を模した屋根。

カジュアルな印象のエスニック風レストランだった。

いや、レストランと言うより、東南アジアの大衆食堂。

そう言ったほうがピンとくる。

入ってみるか。

ええ。

わたしの唐突な問いかけに妻が頷く。

木彫りの装飾が施された扉を抜けると、

幾千もの香りが渾然一体となり、鼻腔に飛び込んでくる。

身体の中心で食欲の風船が急速に膨らんでゆく。

それはもう破裂せんばかりに。

ランダムに配置されたテーブルを埋め尽くす客。客。客。

喧騒。スパイス。人いきれ。

手に手にトレイを掲げ、席と席との間を華麗に縫い進むホールスタッフたちも皆一様に、

額に汗を浮かべている。

活気があっていいじゃない。

隣で妻が言う。

食べてみようよ。ね?

そうだな。

わたしも頷く。

小太りで口ひげを蓄えたスタッフに、店の奥へと案内され、席に着く。

ああー、ほんと刺激的で、いい香りだわ。

お腹空いてきちゃった。わたし。

何にしようかしら――

そよぐ微風。

メニューをめくる妻の手が止まる。

これこそ香辛料のカオスが巻き起こす風なのだろうか。

妻が顔を上げた。

このスパイシーな香りって……ガラム・マサラ? 

いや。待て。

妻の問いを手で遮る。

わたしは気付いた。

隣の席で給仕するスタッフを横目でちらりと見、さりげなく指差す。

彼をよく見てごらん。

……

まさか……、あなた……

ホールスタッフが通るたびに起こる微かな風。

そこへ、ふわりと乗る香り。

そう。それは――

まるで・ガラム・マサラ。

わたしと妻はついに、香りの発生源を知ってしまった。

なんと、彼らが身に着けている白いシャツの脇の部分に、黄色い汗染みが……。

しかも。

皆が皆だ。

ねぇ、あなた……

妻の顔が見る見る間に青ざめてゆく。

ああ。間違いない。

ここは、

体臭食堂だ。












ショートショート:目次へ





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。