おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


ほくろ


「そんなにじっと見てても顔は変わらねえぞ」
 後ろから宇宙人のポールがごちゃごちゃと言ってくる。
「うるさいなあ。居候のくせに」 メグは手鏡をさらに顔に近づける。
「目の下のほくろが最近大きくなってるから気になっちゃってね。病院で取ってもらおうかな」
 べつにポールに話しかけていたわけではなかった。ただのひとりごとのようなものだった。

「なんならおれが取ってやろうか?」
 身を乗り出すようにしてポールが鏡をのぞき込んでくる。

 ポールの身長はわずか1メートル足らず。
 地球上に落ちてくる宇宙人の中では比較的小さな部類だった。
 メグが大学の帰り途に、側溝で死にかけていたポールを拾ってから、かれこれ数カ月が経つ。
 最初は少し気持ち悪いと思った彼ののっぺりとした顔つきも、今ではかわいいとすら感じられるようになっていた。

「取ってやろうかって、そんなことできるの?」
「地球人のほくろぐらい楽勝だよ。太陽に頼まれて黒点を取ってやったこともあるくらいだからな」
 ポールはえらそうに腕組みをして、カーペットの上を歩きまわる。

「ふうん。じゃあ、おねがいしようかしら」
「オーケイ。メグにはいつも世話になってるから500ドルで手を打とう」
「ばっかじゃないの。居候のくせに。あんたの明日の朝ごはんは抜きね」
「わ、わかったよ。ただでやるよ。ただでやるから。そのかわり朝食の目玉焼きの玉子は2つでたのむ」

 口は悪いくせに、メグがちょっとでも強気に出ると、あわてふためいてすぐに譲歩する。
 朝食の玉子の増員をアピールするだけなのに、やたらと大げさな身振り手振り。
 なんとも愛嬌のあるポールのそのしぐさに、メグはついつい笑ってしまう。 

「しょうがないなあ。じゃ取引成立ね。で、手術はいつするの?」
「手術なんてそんなたいそうなもんじゃねえよ。お前が寝てるあいだにちゃっちゃと取っといてやるよ」

「ねえ、それって、痛い?」 メグは上目づかいでポールにたずねる。
「おれを誰だと思ってんだ」 ポールのつぶらな瞳が黒曜石のようにきらりと光る。
「地球人の医者なんかと比べてもらっちゃ困るね。痛みなんてみじんも感じさせねえよ。前にバジル星でバージンの女の子のナンパに成功して性交したときも――」
「ああ、もういいもういい。あんたのそんな生々しい話は聞きたくないの。とにかく痛くしないでよね」
「まかせろよ」
 ポールはすべすべとした自分の胸をこぶしでどんと叩いた。

「そろそろ寝なきゃね。明日はあたし、朝から物理の授業だし」
「先に寝ていいぜ。おれは今から故郷との交信を試すから。そのあとにお前さんのほくろ取りだ」
 ポールはそう言って、メグが部屋の中央にレゴで作ってあげた空飛ぶ円盤型の家に入っていく。
「おやすみポール。あとはおねがいね」
「ああ。おやすみメグ。いい夢を」
 ポールは静かにドアを閉めた。

 朝目覚めると、ほんとうにメグの顔のほくろは消えていた。
 メグは手鏡をのぞき込む。ほくろのあったところを指でなぞる。痛みも違和感もまるでなかった。
 少しさびしいような気はしたものの、胸に引っかかっていたものが取れたように感じられて、メグはうれしかった。
「ありがと、ポール。あなたもたまには役に立つわね」
「ふん。たまにはとはなんだ、たまにはとは。目玉焼きの玉子は2つだからな。忘れんなよ」
「わかってるわよ」

 いい気分だったのは、ほんの一瞬だった。
 メグは朝食の前にシャワーを浴びに行って唖然とした。

「ポーーール! ちょっと来て!」
「なんだ、どうした!」
 ポールはあわててバスルームへ駆けていき、目一杯背伸びをしてガラス扉を開ける。
「きゃあっ! レディのはだかをのぞくな!」
 メグは小さな胸を腕で隠して、ポールの顔にシャワーを浴びせる。

「なんなんだよ。地球人の女はめんどくせえな」
 濡れネズミになったポールは舌打ちをして扉を閉める。
 すりガラスの向こうから、メグのくぐもった声が聞こえてきた。

「ポール? あんた、昨日あたしになにかした?」
「なにってほくろを取ってやっただけだろ。いくら野良宇宙人のおれだってお前さんの寝込みを襲ってバージンを奪おうとするほど落ちぶれちゃ――」
「バ、バ、バージンちゃうわ! ばかっ!」
 メグはバチンとガラスを叩いた。

「ああ、そういや顔のほくろを取るついでに体中のほくろも全部取っといてやったよ。どうせいらないものなんだろ?」
「あのね、ポール。よく聞いて」 メグの声が急に小さくなる。
「あたしのね、かわいらしい乳首がなくなってるんだけど――」
「乳首?」 ポールはきょとんとする。
「ああ、お前の平べったい胸に2つばかりついてたあれか。なんだよ。ほくろじゃなかったのかよ。真っ黒だったからおれはてっきり――」
「ばかーっ!!!」
 メグの声のあまりの大きさにポールは後ろにひっくり返った。

「お、おい、大丈夫だって、その乳首とやらは、まだお前の部屋のゴミ箱の中にあるはずだし、今日の夜にでもまた取りつけてやるから、な? もちろんただでだぞ。金は取らない。だから泣くなって、な?」
 ポールはすりガラスにヤモリのようにぺっとりと張りついて必死にメグをなだめる。

「ばかばかばかばかーっ! もうお嫁に行けない、うわぁーん!」
「だから大丈夫だってば、おれがなんとかしてやるから、な?」
 ポールは赤子をさとすように、なんども同じことばを繰り返した。
 嫁のもらい手がなければおれがお前をもらってやる。そう口にしてしまう誘惑に駆られながら。













ショートショート:目次へ



posted by layback at 01:08
| Comment(3) | ショートショート作品

JP


 彼女はあこがれの作家ジョン・ポール・ジョーンズに会えて舞い上がっていた。
 クールな表情でたたずむジョンの肩の上には彼のエッセイにもよく登場するオウムのピートがとまっている。
 大型書店の一角に設けられた著者サイン会のコーナーに立っているのは彼女だけだった。
 彼女は緊張のあまりしどろもどろになりながらジョンに話しかけた。
「あの、これ私が書いたはじめての小説なんです。ぜひ読んでみてください」
 彼女は黒い紐で丁寧に綴じられた紙の束をジョンに渡そうとした。
 ジョンは困った顔をする。
「もうしわけないが――」
「ぶしつけだってことはわかっています。でも私、あなたの本を読んで小説を書きはじめたから、どうしてもあなたに最初に読んでもらいたくて」
「ありがとう。お気持ちはうれしいんだが、ジョンは文字が読めないんだ」
「え? 目をどうにかされたのですか」
「いや、僕の目は問題ないよ。1マイル先の道路に落ちているコインも見逃さないくらいさ」
「ではなぜ?」
「ジョンは文字の読み書きができないんだよ。つまり文盲なんだ」
「さっきからジョンはジョンはって、あなたがジョン・ポール・ジョーンズでしょう?」
「僕はピートだ」
「ああ、神様」彼女は天井を仰いだ。「わけがわからないわ」
「僕がピートで、彼がジョンなんだ」
 彼女がジョンだと思い込んでいた男性は、まず親指で自分を指し、次に人差し指で左肩のオウムを指さした。 
「どういうこと。ジョンがピートで、ピートがジョンだなんて。私の頭がおかしくなってしまったのかしら」
「あなたはいまジョンの著書を持ってるかい?」
「ええ、ここに」
 彼女はショルダーバッグからジョンの新作ペーパーバックを取り出した。
「著者近影を見てごらん」
 彼女は本を取り落としそうになりながら表紙をめくる。
「あなたとピートが写っているわ。あなたはとてもハンサムね」
「それはどうも。さあ、よおく見て。写真の下にはなんて書いてある?」
「ジョンとピートって書いてあるわ」
「そういうこと。つまり彼がジョンで、僕がピートなんだ。いつもエッセイでは逆に書いているけどね」
「それじゃあ、この小説を書いたのはいったい誰なの? あなた?」
「僕と言えば僕だが、正確に言うと、僕はタイプしただけで、ストーリーを考えたのは彼さ」
「ごめんなさい。私、お話についていけてないみたい」
 彼女は机に崩れ落ちるように両手を突いた。
「大丈夫かい? もう少しわかりやすく説明しよう。口述筆記はご存知かな? つまりこういうことだ。ジョンがストーリーを考えて僕に語りかける。それを僕が聞いてひたすら紙にタイピングしていく。言わばオウムと人の共同作業ってわけさ」
「なんだか頭がくらくらしてきたわ」
「これで説明は終わり。さて、サインはどうします? 僕がジョンのかわりに書くことになるけど」
 ジョン、いやピートは黒光りするサインペンをくるりと指で回した。
「いただくわ」
 彼女はよろめきながらペーパーバックを彼に手渡した。
 彼女の元に返ってきた本の見返しには流れるような筆記体で J・P・ジョーンズ と書かれていた。
「ありがとうピート、会えてうれしかったわ、ジョン」
 彼女はピートと握手をして、そしてジョンの羽をおそるおそる撫でた。
「おっと、忘れ物だよ」
 ピートは机の上に置きざりにされていた彼女の処女小説を返した。
 彼女はがっくりと肩を落としてサイン会のコーナーを後にした。

「きみは悪い人だ。いつもあんないたずらをしているのかい?」
 側で一部始終を見ていた新しいエージェントのティムが呆れて言う。
「たまにだよ。素人の小説を読まされるのはかなわんからね」
「なあ、ピート?」
 彼は傍らのオウムに語りかける。
 オウムは威厳たっぷりに翼を広げる。
「僕がジョンだ」
「僕がジョンだ」
「僕がジョンだ」
 オウムは何度もくり返した。
















ショートショート:目次へ

posted by layback at 22:48
| Comment(3) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。