おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「紛失」3 ―完結編―


まずは「紛失」1からどうぞ。


「やっぱりダメだったよ、データ。

しょうがないから機種変更だけしてきた」

俺はそう言って、新しい携帯を沙知絵に見せた。

「また電話番号やアドレス、一から入れなきゃだ。

参ったなぁ、バックアップを取っとけば――」

「あるわよ」

沙知絵が俺の話を遮った。

そのまま彼女は席を立ち、パソコンの置いてある部屋へと入ってゆく。

「はい、これ」

そう言って沙知絵が手渡してきたのは、USBメモリーだった。

「バックアップ。取っといたから」

「え? いつのまに?」

「あたしの携帯のバックアップを取った時。ついでにね」

沙知絵はいつもと何も変わらぬ調子でさらりと言う。

俺は掌にちょこんと載るメモリーをじっと見つめた。


  ☆   ☆   ☆


新しい携帯と一緒に、USBメモリーをショップに持っていくと、データは完全に復旧した。

大きな声では言えないが、シークレット設定にしておいた分もだ。

あいつ、データを移す時に見てないよな。これ。

暗証番号を、娘の栞の誕生日にしていたので、少し不安になる。

まぁ、大丈夫だろう。沙知絵はそんなに鋭いタイプではない。

電話帳をざっと見たあと、写真のデータをチェックする。

こちらのシークレット設定の分は、女たちと二人で写している写真や、

ホテルでハメ撮りした写真。 そう、俺の大事なコレクションだ。

え? 

そんな……バカな……

写真の中の、女の顔や身体が、ぐしゃぐしゃと、荒々しく塗りつぶされていた。

真っ黒に。

膨大な量の写真、その全てがだ。

冷たい汗がひとすじ。背中を流れ落ちる。

顔から血の気が引いていくのが自分でも分かる。

もちろん、俺が自らこんなことをする筈はない。

画像をパソコンで加工する方法すら知らない。

俺は思考停止に陥る。

女たちとは数日間、連絡が取れなかったので、とりあえず電話をかけてみる。

繋がらない。

友里も、瞳も、沙理奈もだ。

何故だ?

  
  ☆   ☆   ☆


家へ帰ると、沙知絵は夕飯の支度をしていた。

娘の栞がリビングのソファの上で膝を抱え込み、テレビをみている。

「栞、ただいま」

「あ、パパ。おかえりなさい」

「もう宿題は済んだのかい? ママに手伝ってもらってたんだろ?」

「えーそんなのとっくの前だよ、だって夏休みの宿題だもん。もう提出しちゃったし」

「ん? おとといママ、新聞切り抜いてたぞ」

「知らなーい、そんなの」

栞はプイと横を向き、テレビのアニメに視線を戻した。

俺はキッチンの方を振り返る。

包丁で何かを叩いているのか、沙知絵の背中は小刻みに揺れている。

「はー、終わっちゃった」

アニメが終わったようで、栞がソファの上で伸びをする。

テレビの画面はニュースに切り変わっていた。

女性キャスターの眉間に皺が寄り、急に深刻そうな顔つきになる。

――また独身女性が狙われました。

ここ数日、都内では、一人暮らしの女性が殺害される事件が続いています――

「栞。テレビを消しなさい。

もう晩ごはんよ、ほら、支度を手伝って」

キッチンから、沙知絵の尖った声が飛んできた。

「はーい」

栞は渋々といった様子でテレビを消す。

ソファにひとり取り残された俺は、ローテーブルの上の夕刊を手に取った。

一面からぱらぱらと捲ってゆくと、社会面の記事が切り取られている。

紙面の上部に視線を移し、日付を確認する。

今日の新聞だ。

沙知絵のやつ……、いったい、何をしてるんだ?

ポケットを探る。新しい携帯を取り出す。

家の中では当然サイレントモードにしている。

サブディスプレイを確認するが、まだコールバックはない。

「あなた、出来たわよ」

急いで携帯をポケットに戻した。

俺は顔を上げる。

テーブルの向こうで、

沙知絵は優しげな微笑みを浮かべていた。











ショートショート:目次へ






「紛失」2


まずは「紛失」1からどうぞ。


「ただいま」

「遅かったわね。メールも電話もないから心配したじゃない」

帰宅すると、妻の沙知絵はリビングのソファに座り、ハサミで新聞を切り抜いていた。

「いや悪い悪い、会社のトイレで携帯を便器に落としちゃってさ」

「ええ? そうなの? 早く乾かさなきゃ」

「ああ、お前も知ってたのか。乾かせば直ることもあるって。

俺、それ知らなくてな。すぐに電源入れちゃったんだよ」

俺は肩をすくめ、沙知絵のとなりに腰を下ろした。

「ダメよぉ、データが消えちゃう場合もあるんだから」

「え。そうなのか? 参ったな……」

俺はネクタイを緩め、盛大にため息をつく。

「ま。とりあえず明日、携帯ショップに持っていってみるよ。

ところでそれ、なにやってるんだ?」

腕時計を外しながら、あごで沙知絵の手元の新聞をしゃくった。

「ああ、これね。 栞の宿題の手伝いよ」

沙知絵はそう言うと、折りたたんだ新聞をローテーブルに置き、

その上にハサミをそっと載せた。

そういえば、最近は残業やらコンパやら接待やらコンパやらで、

なかなか新聞をゆっくり読む暇もなかったな。

俺はここ数週間のスケジュールを頭の中で振り返る。

我が家ではテレビをみる事もほとんどないので、

話題になったニュースなどにもまったくついていけていない。

今日のコンパでも、女の子に話を振られて――

「それよりもあなた、夕飯はどうするの?」

「え? ああ、うーん……とりあえず風呂に入るかな」


  ☆   ☆   ☆


明くる日、携帯ショップで調べてもらったところ、

やはりデータの復旧は不可能だと言われた。

もちろんバックアップなど取ってはいない。

さて、どうすればいい?

会社関係の人間のデータは高尾の携帯から移してもらったものの。

個人的な友人の分は如何ともしがたい。

連絡のつく友人から、少しずつ教えてもらうか、

もしくは、相手から連絡があるのを座して待つしかないか。

それにしても痛い。

電話番号やメールアドレス、ダウンロードした着メロだけではない。

なにせ携帯カメラで撮った写真のデータまで全滅なのだから。

俺はこの日も昨日と同様に、肩を落としながら帰路についた。












  「紛失」3へつづく


ショートショート:目次へ



posted by layback at 01:57
| Comment(7) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。