おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「紛失」


うぉおおおおお!

しまったぁああああ!

コンパの途中。

妻への定期連絡を入れようと、トイレで携帯を弄ったのが間違いだった。

するりと俺の手をすり抜けた携帯は、

まるで中国の高飛び込みの選手のように美しい着水を見せた。

ほとんど水しぶきも上がらなかった。

やはり入水角度が……

は。

俺のバカっ!

それどころじゃないだろ!

急げ、拾え!

まだ間に合う、三秒ルールだ!

すかさず洋式便器の中に手を突っ込み、

シャツの袖を濡らしつつも携帯を取り上げた。

当然、ディスプレイは沈黙している。

た、頼む、復活してくれい!

俺は必死に念じながら、電源ボタンを長押しした。

ほんの数秒が数時間にも感じられた。

沈黙は破られなかった。

 
   ☆   ☆   ☆


「おい。高尾」

「なんですか? トイレ長かったっすね先輩。もしかしてウンコですか?」

「バカ。携帯を落としたんだよ。トイレに」

俺は高尾の目の前に水気を拭った携帯を差し出した。

「ちょ、ちょっと、汚いじゃないですかっ」

「大丈夫だよ。まだ、やる前だったから」

「それでも汚いでしょうが!」

何? 何? どうしたんですかー? 

と俺たちのやりとりに気付いた女の子が、テーブルの向こう側から視線をよこす。

「いやいや、こっちの話。おい高尾、お前声がデカイよ」

俺は携帯の尻で高尾の額を小突いた。

「汚ねっ痛っ」 高尾は額を押さえ、大げさに仰け反る。

「それより、これ、直らんのか?

電源ボタンを押してもウンともスンとも言わないんだ」

「あちゃー、先輩、電源入れちゃったんすか?」

「そりゃ、電源が切れてりゃ、電源ボタンを押すだろうが」

「それがダメなんですよ――」

俺は腕を組み、首を傾げながら、高尾のレクチャーを受ける。

長ったらしいヤツの話を要約すると――

どうやら、携帯を水没させた場合、

(これは携帯に限らず電気製品全般らしいが)

すぐに電源を入れると、電気系統がショートを起こして、

機械自体がダメになってしまうのだそうだ。

ただし、完璧に乾かした後なら、復活することもあるという。

むぅ。

「――なるほど、ということはつまり、こいつは……」

「ええ、ご臨終です」

俺は、ナンマイダブと合掌する高尾のこめかみを両手で押さえつけ、強烈なヘッドバットを決めた。






 「紛失」2へつづく

ショートショート:目次へ





posted by layback at 01:27
| Comment(7) | TrackBack(0) | ショートショート作品

「東京オリンピック」


世界中の夜空を焦がさんばかりに、真っ赤な炎は勢いを増してゆく。

この日、ついに二度目の聖火が東京の空を灯した。

テレビには満面の笑みを浮かべたインタビュアーが映っている。

「それでは元東京都知事の岩原さんに感想を訊いてみましょう」

マイクが岩原慎一郎に向けられる。

岩原の苦みばしった表情が大写しになった。

歳の割りに豊かな銀髪が、スタジアムの照明を反射する。

「岩原さん、今のお気持ちは?」

「悲しいね」

岩原慎一郎は吐き捨てるように言った。

「何故ですか? これほどめでたい日に。

岩原さん悲願の東京オリンピックではありませんか」

「なにをバカな……」

岩原慎一郎はきゅっと目尻をひくつかせ、インタビュアーを睨みつける。

「わたしが開催を願っていたのは、東京オリンピックであって、

トンキン(東京)オリンピックではない! 断じてだ!

だいたい君たちの国はだな――」

ピー、ガガガガガガ。

急に画面が砂嵐状態に変わり、音声が聞きとれなくなった。

――映像が乱れましたことをお詫びいたします。

競技場の映像に戻った後、画面下に白抜きのテロップが流れた。

再び、さきほどのインタビュアーが登場する。

だが、岩原の姿は見えない。

「――それでは、スタジオにお返しします。

以上、日本省東京市、オリンピックスタジアムからお送りしました」

インタビュアーの顔には、

相変わらず満面の笑みが貼りついていた。













ショートショート:目次へ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。