おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「折りたたみ式」


警備員のアルバイトを始めて一週間。

やっと仕事にも慣れてきた。

だが一日中道路の上で立ちっぱなし。

足腰には疲れが相当キテる。

そして何よりも最大の敵は――

暑さだ。

今日もひたすらに暑かった。

まったく太陽の容赦のなさときたら!

焦げてしまうかと思った。

まだ五月なのにこの調子だと、夏場は一体どうなるのだろう。

はっきり言って不安です。

仕事が終わり、事務所へ向かうハイエースに揺られながら、

僕は先輩の宮本さんに相談してみた。

「夏場に体力が持つかどうか自信が……」

「何言っとる! 若えもんがよ」

宮本さんは狭い後部座席で器用に腕を畳み、僕の背中をバシンと叩いた。

差し込む夕陽のビームの中。埃が舞った。

「よし。スタミナつけてやるから今日はウチに寄りな。

故郷の高知からカツオを送ってきとるきに」

僕は気乗りがしなかったのだが、

断りきれずに宮本さんの部屋へお邪魔した。

木造二階建ての寂れたアパート。

中へ入ると三畳ほどのキッチンに六畳の和室。

砂壁に寄せられたちゃぶ台。敷きっぱなしの薄い布団。

「ちょいと待ってろよ」

宮本さんは僕を台所に立たせたまま、布団を投げ飛ばすようにして畳んだ。

そのままの流れでちゃぶ台を部屋の真中にセットする。

「兄ちゃん、さっき腰が痛いって言ってたな。

俺もそうなんだ。まぁこの仕事はしょうがねぇよ。職業病だな」

宮本さんはそう言うと、部屋の隅から折りたたみ式の椅子を出してきた。

キャンプのときに使うようなナイロン製のディレクターズチェアだ。

「兄ちゃん。今日は客人だからこれに座りな。

座布団に座るより椅子の方が楽だろ?」

「いいですいいです!」

僕は手を振って辞退した。口ぶりは荒っぽいが優しい人だ。

「そうか? なら俺が座るよ」

宮本さんは、ハァー疲れたなーオイ。

などと声を出しながら椅子に腰を下ろした。

「やっぱりよ。狭い部屋で暮らすには折りたためるモノが一番よ。

ちゃぶ台、椅子、布団。 折りたたみさえすりゃ場所を取らねぇからな。

もし、この部屋にベッドでも置いてみな。

俺とベッド、どっちが部屋の主だか分かりゃしねぇ」

「そりゃそうですね」

苦笑いした僕はすっと部屋を見回して続けた。

「ところで宮本さん、ご結婚は――」

「ご結婚? ご結婚はなあ。ああ、してましたよ。

してたんだが、逃げられちまってなぁ……、

まぁこんな狭い部屋じゃ、女房なんて居ても邪魔なだけだからよ」

そう言うと、ずずっと洟をすすり、日焼けで真っ黒な顔をくしゃっとしかめる。

「女房なんて、女房なんてよ……」

強がりなのだろう。きっと寂しいはずだ。

「でもいいんだ、今では――」

宮本さんは言いかけて、ごそごそとポケットを探る。

ま、まさか……

「――これよ」

出てきたのは折りたたまれた紙片。

宮本さんは笑顔でそれを開いてみせる。

デリヘルのチラシだった。












ショートショート:目次へ









「ワンナイラブ」


なんでこんな男と寝てるんだろう。

足を開き、男の引き締まった身体を受け止めながらあたしは我に返る。

そして天井に貼り付けられた鏡に向かって問いかける。

理由はそう、魔裟斗と須藤元気を足して三で割ったような顔がちょっとかわいかったから。

声かけられて、うだうだとした話を聞いてるうちに、

いつのまにか安っすいチェーン居酒屋に連れて行かれてて、

生グレープフルーツチューハイでカンパーイってな勢いで、

でも話が盛り上がるわけでもなかったのに、こいつときたらいきなり、

俺すげーデカイよ。なんてストレートなシモネタ。

舌だってほら。

男はそう言うと妙に発色のいい唇を大きく開けて舌を高速回転(のつもりらしい)させた。

ね、超速くね?

今度は逆回転。

どう? イジリーも真っ青でしょ?

どこがだ。蝿が止まりそうじゃない。

イジリーに謝れ。

でもいい身体してるし、顔は好みだし。バカだけど、まいっか。

なんてなりゆきまかせの軽い気持ちでホテルまで来てみたら。

なにこの粗チン。フニャってるし。

いやー今日はダメだねー。

ちょっとアルコール入ってるからさー。

アハハハハ。でも大丈夫大丈夫。

ちょっと口でしてくれたら、すぐだよすぐ。

細身のクセに筋肉質の腕に顔を掴まれ股間に押し付けられた。

たしかに口に含んでるだけですぐにおっきくなったけど。

それでも小さい。

男の子は小さいとか大きいとかやたら気にするけどさー。

そんなの関係ないよ。愛情があれば気持ちいいもん。

なんていう女の台詞。

あんなの全然嘘ですから。

大きいほうがイイに決まってんじゃん。

小さい人はどうぞ自信を失って下さい。

大きすぎも良くないんだけどね。口にも入りきんないし。

はぁ。これがトモくんだったらなぁ。

ほどよい大きさで。ぴったりフィットして。

気持ちいいだろうなぁ。

マッサージチェアのように単調な振動に揺られながら、

あたしはトモくんとのセックスを思い出す。

あ。

やばいかも。

あんなことやこんなことを思い出してるうちに、少し出てきたみたい。

とろりと滴る感触が自分でも分かった。

感じてると勘違いされる。この勘違い男に。

なに? なに? やっぱ気持ちよかったんじゃん!

声出さないから、感じにくいマグロオンナかと思ったよー。

失礼な。たしかにうお座だけど。マグロではありませんから。

あたしは意地になって体の奥から湧いてきた蜜を元に戻そうと腹筋に力を込める。

なに? なに? 超締まってきたー!

やばいやばい、いっちゃいそうだよ。

中で出してい?

いいわけねーべ。

あたしは伸び上がるようにして下半身を引いた。

硬いけど小さなそれはすっぽりと抜けた。

男は最後自分の手でこすり、あたしのお腹の上に放出した。

男にお腹とあそこを拭かせながらあたしは枕元のガラスの灰皿に手を伸ばす。

ホテルの名前が書かれた100円ライターでタバコに火を点けた。

なんだよー。終わってすぐタバコかよ。

俺にも1本頂戴。

あたしはセブンスターのパックを男に差し出した。

煙を深く吸い、今日の記憶を目の前の男を消し去るように一気に吐き出した。

あー。会いたいな、トモくん。

ってかやりたい。

身体の合う相手を探し続けても。

虚しさだけが澱のように沈殿してゆく。

やっぱ愛って重要かも。












ショートショート:目次へ






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。