おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「レディファースト」


窓の外では明るい日差しがアスファルトに照りつけている。
さつきはホテルの近くのカフェでひとり、背の高いスツールに腰かけていた。
街行く人々の姿を目で追い、東京の景色との違いを楽しみながら。

ふと、店内へ目を向けると、小さいカップを手にした女性が辺りを見回している。
定規で引いた直線のようにしゃんと伸びた背筋には見覚えがあった。
大きなフレームのサングラスをかけていて、表情は窺えないが、
あれはきっと姉に違いない。さつきはそう思った。

「お姉ちゃん」

さつきは自らの場所をしらせるように手を挙げた。
姉のやよいは気付いたようだ。
サングラスを外し、軽やかな身のこなしでさつきの席へ歩み寄ってくる。
身体にフィットしたグレイのパンツスーツがよく似合っていた。

「あら、さつき、あなた大きいのにしたのね」

彼女は、さつきの手に収まりきらない大きなカップを見て、目を丸くした。

「トールサイズプリーズって頼んだら、こんな大きいのが出てきたの。
日本のグランデサイズよりも大きいんじゃないかしら。焦ったわよ」

「こっちの食べ物と飲み物は気を付けなきゃダメよ、日本とはサイズが違うんだから」

「ほんとに実感したわ。海外に来てるんだなぁって」

さつきの言葉を受けて、やよいは目を細めた。

「いらっしゃい、さつき。よく来たわね」

やよいは、そう言いながら腕を身体の脇に広げた。
さつきはスツールからすっと降り、
軽く胸を合わせるようにして姉と抱き合った。
日本に居るときは勿論、こんな挨拶はしない。
カリフォルニアのからりと乾いた空気がそうさせたのだろうか。

「さつき、結婚おめでとう。ごめんね、式に行けなくて」

「いいのよ、こうしてお姉ちゃんの住む街にまで会いに来れたんだしね」

「今、旦那さまは、お友達と会ってるんだっけ?」

「ううん、昔の仕事仲間だって。でも、夜には合流して一緒に食事が出来るわ」

「そう。それにしても、本当に良かったわね。
わたし嬉しいわ。やっとさつきがお嫁に行けて」

やよいの頬が緩む。
日焼けのせいか、彼女の顔は日本にいた頃よりも、随分すっきりとして見えた。

「わたしも諦めかけてたからね。自分でもいい人が見つかって良かったと思ってる」

「メールで写真は見せてもらったけど、結構ハンサムな人じゃない」

「でしょ、ルックスは今風ではないけど、整ってる方だと思うわ」

「有名人で言うと誰かに似てるの?」

やよいはすらりと伸びた指でカップを包み、ほんの一口だけ中身を啜った。

「そうだなぁ。しいて言うなら――、仲村トオルかな」

「そ、それは今風ではないわね……。でも優しい人なんでしょ?」

「そう、そこよ。とにかく優しいの。
わたしって今まで付き合ってきた人がアレでしょ?」

さつきは少し自嘲するように肩をすくめた。

「ああ、そうだったわね、あなたの選ぶ男の子って昔から――」

『亭主関白』 見事にハモった。

周りの客から視線が集まるほど大きな声で二人は笑った。

「あなたの選ぶ男の子ときたらみんな、結婚してる訳でもないのに亭主面してねぇ」

「ふふ、わたしもそういうタイプに慣れてたから、今の彼の優しさには驚いたわよ」

「そうでしょうね。ところで彼の事はなんて呼んでるの?」

「直くんよ。直人(なおひと)って言うの」

そう言いながらさつきは年甲斐も無く照れた。

「直くんはね。建物や部屋に入る時は必ずわたしの為にドアを開けてくれるし、
荷物なんて自分で持つからってわたしが言っても決して持たせてくれないし、
レストランでは当然のように壁際の席にわたしを座らせてくれて、
帰りにわたしがお金を出そうとしたら、いいんだ。もう払っておいたよ。
なんて、いつもわたしが席を外してる間に、会計を済ませてるんだもん」

「へぇ、確か昔の彼氏のときなんて、あなたが払ってたわよね、デート代。
よく帰ってきてから愚痴ってたのを覚えてるもの」

「トシくんの時?うん、あの子は甲斐性無しだったからね」

さつきはほろ苦い過去を思い出し、顔をしかめた。

「そんな話はいいじゃない。直くんはね。クルマで迎えに来てくれる時も、
わざわざ運転席から降りて、助手席のドアを開けてくれるんだから。
今まで付き合ってきた人の事を考えたら、考えられないわよ」

さつきは堰を切ったような勢いで、直人の優しさを説明する。

「ふふ。嬉しそうね」

「ほんとに驚いたのよ。日本人でもこんな人がいるんだ、って」

「シャイな人が多いしね。なかなか照れくさいところがあるんじゃないの。
日本の男の人にとって、レディファーストっていうのは。
もちろん、こっちでは当たり前の事よ、子供の頃から教育されてるから」

「お姉ちゃんの旦那さまも優しいもんねぇ。初めて会った時はびっくりした」

「あなた、あの時はそんな彼氏はヤダって言ってたじゃない」

「ほら、わたし尽くすのが好きじゃない。だからよ。
優しくされすぎると戸惑っちゃって。だってお父さんがあんな感じだったでしょ?」

「そうねぇ。お父さんはまさに頑固な父親日本代表って感じだったものね」

二人は子供のような表情でくすくすと笑った。
父親は今頃日本でくしゃみをしていることだろう。

「お父さんは元気にしてるの?家に電話をかけても出るのはお母さんばっかりで、
お父さんは全然、代わろうとしないでしょ?娘の声が聞きたいと思わないのかしら」

「でも、いつもお母さんが電話を切った後で、どうだ?やよいは元気にしてたか?
って訊いてるから、きっとお父さんも心配してるけど照れくさいのよ」

「日本人よね、そういうところも」

やよいはそう言うと視線を落とし、左手にはめた腕時計をちらりと見た。

「ああ、いけない。そろそろ子供を迎えに行かなきゃ」

「ほんと、もうこんな時間だ」

さつきも自分の時計を見て驚いた。

「久しぶりだから時間を忘れちゃったわね」

「また夜にゆっくり話せるよ。彼もお姉ちゃんの旦那さまも一緒に」

「旦那さまって、なんだかこっちで聞くと変な感じだから名前で呼んでよね」

やよいは片手を腰に当て、モデルのようなポーズでそう言った。

「はーい。デビッドさんだよね」

「デイブでいいわよ」

「えー、なんだかデイブスペクターみたいでいやだな」

「ちょっと、あんな胡散臭い人と一緒にしないで」

「あはは、お姉ちゃんそれ言いすぎ」

「じゃあね、さつき。あとで電話してね」
  
「分かった。あとでね」


  ☆   ☆   ☆


「さぁ、さつき。行こうか」

「ええ」

「クルマはホテルの裏に呼んであるんだ」

「そうなの?」

直人はノースリーブのワンピースに着替えたさつきの手を取って、
エントランス前の階段を軽い足取りで降りてゆく。
ホテルの裏手に回ると、人気はまったくなかった。
海岸線を走る道路の向こうには、無人のビーチが広がっているのが見えた。
夕陽を浴びる波間がきらきらと光を反射している。
海辺なのに不思議と乾いた潮風が二人の髪を撫でた。

「まだ来てなかったか……」

直人は海の方を見つめながら、煙草に火を点けた。

「この海岸線の道が気持ちいいらしいよ。
交通量も少ないようだし、景色を楽しみながら行こうね」

夕陽を正面に受けている直人は、眩しそうに手をかざして微笑んだ。

「直くん、わたし幸せだわ」

「僕もだよ」

直人はさつきの腰を抱きよせ、彼女の頬に唇を寄せた。

数分後、白いメルセデスのSUVが、ゆっくりと駐車場に滑り込んできた。
クロームメッキのホイールがきらびやかに光っている。
ドアが開き、中から数人の男達が降りてきた。皆アジア系の顔立ちだった。

「なんだ?」

直人は驚いたような表情を見せている。
男達は、互いに何やら短い言葉を交わし、急に背中からピストルを取り出した。

「ちょっと、なんなの?」

「おい、なんだお前ら、どういうことだ」

直人はさつきの手を取り、ジリジリと後ろに下がった。
男達はピストルを持つ手を前に伸ばし、二人に照準を合わせた。

「や、やめてよ……」

「おい、お前ら、やるなら……、やるなら先に、彼女をやれ!」

「え?」

さつきは直人の言葉を聞き間違えたのだと思った。
と、直人が強い力で、さつきを前に突き飛ばした。

「直くん!? どういうことよ?」

直人は、いつのまにか余裕の表情に変わっていた。微笑みすら浮かべている。

「お先にどうぞ」

「え?」

「お先にどうぞ、あの世へ」

「ちょっと直くん、何言ってるの?」

「ふふ、まだ分からないのかい?」

「何、何の冗談なの?」

「冗談じゃないよ。レディファーストじゃないか」

男達は、もったいぶってタバコをくわえる直人には目もくれず、
さつきの両手を掴み、頭にピストルを突きつけた。

「痛い、やめて、殺す気なの?嫌よ!
こんなところで死にたくない!なんでもするから、冗談だと言ってよ!」

「なに、心配することはないさ。
もう払っておいたからね。君の生命保険料は」

さつきの発するくぐもった悲鳴が、駐車場の外に漏れることは無かった。

夕陽を浴びて長く伸びる影が車内に吸い込まれてゆく。

やがてメルセデスは無表情のまま静かに走り出した。

渇き切った心と、壊れた希望を載せて。










ショートショート:目次へ







「あの頃、寮で、友達と」


この写真、なんで大樹君だけジャージ着てるの?

   ☆   ☆   ☆

夕食後、大樹が学生寮のロビーでひとり、テレビを観ていると、
薄手のダウンジャケットを羽織った央人が2階から下りてきた。
大樹と央人は部屋がとなりどうしの同級生である。

「あれ?央人、出かけるのか?」

「ああ、ちょっとな」

「今日は20時からサッカー中継だぞ」

大樹はジャージ姿でソファーに寝転びながら、首だけ央人の方に向けて言った。

「どうせ今の代表の試合は、つまんねーからいいんだ」

唾でも吐くように央人は返事をする。
確かに央人の言い分も、もっともだ。
最近の日本代表の試合は退屈極まりない。
さらに弱いのだから救いがない。大樹もそう思っていた。

「あ、そう。気をつけてな」

大樹は玄関へ向かう央人を目線だけで見送って、再びテレビの方へ意識を戻した。
今度は背後でバタバタバタと階段を駆け下りてくる者がいる。この音は――

「雅史、うるせーぞ。静かにしろよ、テレビの音が聞こえないだろ」

大樹はソファーに寝たまま、後ろを振り返りもせずに音の主を注意した。

「聞こえないって、お前今見てるのCMじゃん」

このこもったような声はやはり雅史だ。メタボリックな腹をしてるくせに、
妙に動きが軽やかで、いつも廊下や階段をバタバタと走る、落ち着きのないおデブちゃんだ。

「CMだってオレはちゃんと観てるんだよ」

大樹は屁理屈を口にしながら振り返った。
雅史は、いつものゆったりとしたジャージ姿ではなく、
ジーンズを穿き、緑色のアノラックを着込んでいた。

「何だよ、お前も出かけるんだ?」

「うん、ちょっと飲みに行ってくる」

雅史は少し気まずそうに答えた。

「あ、そう」

今日、サッカーがあるんだぜ。
大樹はそう言いかけて飲み込んだ。
きっと「今の代表はつまんないじゃん」そう返ってくるだろう。
雅史ときたらサッカーに詳しくもないくせに。

「気をつけてな、門限破るなよ」

大学生とはいえ、寮に住むかぎり門限はある。
この男子寮の場合、それは23時だった。
別に事細かに監視されているわけではないが、
あまり騒ぎながら帰ってきたりすると――

「コラ!」 ほら。

「山崎雅史っ!階段は静かに降りなさい!」 こうなる。

逃げるようにして出て行った雅史の背中に、
雷を落としたのは寮母のナカツカさん。

60代で独り身の彼女は、住み込みで、この寮の管理をしてくれている。
雅史の立てた地響きに驚いて、部屋から出てきたのだろう。

「あら、今日は一人?淋しいね」 

ナカツカさんはそのままロビーに入ってきた。

「淋しくなんかないですよ。あいつら居てもうるさいだけだし」

大樹がソファーの上に座りなおして、ナカツカさんと世間話を続けている間にも、
寮の友人達は次々と外へ出てゆく。なんだかおかしな雰囲気だった。

「あんたは行かなくていいの?もう残ってるのあんた一人だけよ」

ナカツカさんが声のトーンを落として大樹に尋ねた。指はロビー入口の壁を差している。
壁に掛けられた横長のコルクボードには、プラスチック製の名札が並んでおり、
夜に外出する者は、それを裏返して出て行く決まりになっていた。
現在、表を向いている札は、【沢村大樹】その一枚だけだった。

「まさかイジメられたりしてないわよね。村八分とか……」

「村八分って。いまどき使わないですよ」 思わず苦笑する。

「それに中学生じゃないんですから、いまさらイジメなんてありえないです」

「そう?ならいいけど。でもね、あれよ、友達は大事にしなきゃダメよ」

「それはそうですね」

大樹が謙虚に返事をしたのには訳がある。
先週、先々週と誘われた飲み会を連続で断っていたからだ。
せっかく誘ってくれてるのに申し訳ない。そういう気持ちもあった。

実家からの仕送りがまったくない大樹の懐はいつも厳しかった。
だから寮の中だけではなく、学内やバイト先で誘われても、飲み会に参加することは少なかった。
いちいち説明はしていないので、付き合いの悪いヤツだと思われているのかもしれない。

――あいつら、用事だとかなんだとか言っといて、
ひょっとすると、みんなで飲みに行ったのかな……

大樹は、あまり団体行動が好きなタイプでは無かったが、
声すらかけてもらえなくなったのかと思うと、さすがに少し淋しい気分になった。

ナカツカさんは急に仕事を思い出したと言い、大樹を一人ロビーに残して部屋に戻った。
大樹は再びテレビに目を向けた。だが一向に試合は始まらない。

画面の中ではアイドルグループを卒業した女性歌手が下手くそな国家斉唱を披露している。
代表の選手達の中で一緒に君が代を歌っている者は一人も居なかった。
いや、唯一、日本に帰化したブラジル人選手だけが歌っていた。奇妙な光景だった。

さぁキックオフだ。
そこで携帯が鳴った。

「はい」 

『あー大樹?』 さっき出て行ったはずの央人だ。

『ちょっと悪いんだけど、忘れ物しちゃってさ。
俺の部屋からデジタルビデオ取ってきてくれない?で、寮の玄関まで持ってきてよ』

「は?自分で取りに行けばいいじゃん」

『いや、今日俺、編み上げのブーツなんだよ。
両足の靴紐ほどいて、また結んでってやってられねーもん』

「なんだよそれ」 つっけんどんな言い方になる。
なんと自分勝手な言い分だ。大樹は苛立ちを隠せなかった。

『な、頼む!もうすぐ寮に着くからさ』

「分かったよ」

はぁ、大樹はため息を漏らした。
それがきっかけだったかのようにテレビの画面が切り替わる。
幸いなことにキックオフの前にCMが入った。

大樹はダッシュで2階に駆け上がり(ナカツカさんに怒られない程度にだ)、
鍵のかかっていない央人の部屋のドアを開けた。
デジタルビデオはこたつの上にぽんと投げ出されている。
なんでこんなところに置いといて忘れるかな。ぶつぶつ言いながら部屋を後にした。

――あれ?

大樹が階段を降りようとすると1階は真っ暗だった。電気が消えている。
停電だろうか。いや1階だけ停電という事もないはずだ。
廊下の奥に設置されている自動販売機の明かりがかろうじて届き、なんとか足元は見えた。
大樹はそろそろと1階に下り、ロビーの隣にあるナカツカさんの部屋をノックした。

「ナカツカさーん」

パン!パン!パン!パン!パン!パン!

「うわっ!」

いきなり内側からドアが開き、
大樹の目の前で、破裂音と火花が炸裂した。

「大樹!誕生日おめでとう〜〜〜〜〜!」

「ええっ!?」

明かりが一斉に点けられる。とんでもなく眩しい。

――オレ今日誕生日だっけ。

大樹は自分の誕生日をすっかり忘れていた。
引きつったような笑い方になった。なんとも照れくさかった。

「おお、あ、ありがとう……」

「さ!飲むぞ大樹!」

ナカツカさんの部屋にいつの間にか隠れていた男臭い仲間達が、ぞろぞろと出てくる。
手に手に酒やつまみを持ち、口々にハッピーバースデートゥユーと歌いながら。

合唱隊の最後尾は大きなケーキを両手で持ったナカツカさんだった。
グルだったのか……。何が村八分だ。ふわりと大樹の全身の力が抜けた。

「友達は大事にしなきゃね」

ナカツカさんは、両手が塞がっていたからか、
大樹に向けて、やりなれないウインクをした。ちょいとキモかった。

サプライズな誕生日会は異様な盛り上がりを見せ、夜遅くまで続いた。
とは行っても23時までだが――


   ☆   ☆   ☆


――あれは嬉しかったなぁ。

「その直後にロビーで撮った記念写真がこれ。オレの顔引きつってる?
みんな、外へ飲みに行く振りをして、実は……ってヤツだね。
そう、真ん中のオレの周りでふざけて写ってるのが、今からここに集まるやつらだよ。
とにかく、まず一番にキミの事は紹介しておかないとね、後で何言われるか……」

洋風居酒屋の個室に近付いてくるガヤガヤとしたざわめき。
大樹は学生時代の顔に戻って、仲間達を出迎えた。

「おー!大樹久しぶり!セッティングまかせて悪かったな」

スーツ姿も板についた央人のばかでかい声が部屋に響く。
今日は雅史の誕生日だった。
サプライズ演出の幹事は持ち回りでまわってくる、今回は大樹の番だ。

大樹は最近付き合い始めた彼女を仲間達に紹介し、手荒い祝福を受けた。

彼女と二人して小突かれながら、ふと思い出す。

――ナカツカさん元気にしてるかな。オレ大事にしてるよ、友達。

サプライズ企画は成功し、パーティは終電間際まで続いた。

だって、今の彼らに、門限はないのだから。














ショートショート:目次へ




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。