おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「年下の男の子」


彼はバーカウンターに片肘をつき、
コロナビールを、くいっと喉に流し込んだ。

「僕、アウトドアが大好きなんですよ。
サーフィンやスノーボード。
あとキャンプやバーベキューも。
日頃残業だらけで、疲れ果ててる分、
自然の中で自分を解放したくなるのかな。
ええ、一人でも行きますよ。
テントの中でゆっくりと、自分だけの時間を過ごすのが最高なんです。
彼女にするなら、一緒に山や海に行ってくれる子がいいな。
でも、東京じゃ、なかなかそんな子いないんですよね」

「またぁ、啓太くんだったらいくらでもいるでしょう?」

可憐は落ち着いたトーンの声で返事をする。
いるいる!いるわよ!ここに。心の中ではそう叫んでいたのだが。

「将来は、海と山に家を建てて――」

目をキラキラさせながら将来の夢を語る彼。五十嵐啓太。
先週の合コンで一本釣りに成功。
ITエンジニア。イケメン。金アリ。彼女ナシ。
EXILEに入った若い子にちょっと雰囲気が似てるかも。

話なんて軽く聞き流しつつ、可憐は彼の瞳を見つめていた。
やっぱりカワイイな。今日はなんとしてもお持ち帰りしたいな。
そんな事を考えながら、カクテルグラスの端をちろりと舐める。

最近は合コンの打率もめっきり下落傾向だった。
久々のヒット、いやホームランなんだから、
このチャンスを逃がすわけにはいかないわ。
可憐は自分に言い聞かせる。

その為に、バカ高いボディクリームでお肌のケアをしてきたし、
下着だって抜かりはないし、“ピー”の処理だって――

啓太の話も一区切りついたようだ。
二人のグラスはもうほとんど空だった。
可憐は黙ったまま、彼の言葉の行方を見守っていた。

さぁ、誘って。
今夜、あたしはキミのものよ。

「ねぇ、この後どうする?」

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

「うーん、そうねぇ……」

一応、迷うフリをして目線を落とす。

「もし良かったら、僕の部屋この近くなんだけど――」

可憐は心の中でガッツポーズを決めた。


  ☆   ☆   ☆


キレイにメイクされていたベッドが乱れるほど、啓太は激しかった。
日頃スポーツをしているだけはあり、鍛えられた身体や動きには無駄がなかった。
服を着ているときのソフトな雰囲気とのギャップが堪らなかった。

男はこれぐらい野性味がないとね。
ネイルの先で目を瞑る啓太の頬を引っかく。
寝返りを打った彼の右腕に包まれる。
まさに期待通りの展開。

可憐は久しぶりに心も身体も満たされ、
啓太の厚くはないが引き締まった胸に抱かれながら、
吸い込まれるように眠りに落ちていった。


  ☆   ☆   ☆


小鳥のさえずりが聞こえる。可憐は目を覚ました。
見慣れない天井。一瞬、自分が何処にいるのか分からなかった。

そうだ。昨日、啓太くんと……
思い出すとポッと胸に火が灯るような気がする。

可憐は温もりを求めてベッドの隣に手を伸ばした。

あれ? いない?

ひゃあ!

なんと、啓太はテントを張っていた。

フローリングの床の上に。

そう……

あたしよりテントの方が落ち着くのね……

可憐の恋の炎は一気に萎んだ。











ショートショート目次へ






「桜酒」


先週、大学の仲間と花見をしたんだ。
うん。言いだしっぺはオレ。

明日行こう!明日!
つっても急だったから場所のあても無くてさ。
そしたら祐二が、ウチの近所の公園の桜、今丁度キレイだよ。
って言ってくれて、場所はそこにそっこー決定。

次の日に集まれるやつだけ集まったんだ。
男女合わせて8人だったかな。

え?場所取り?
いや祐二がそんなに混まないよって言うからさ。
余裕ぶっこいて昼の12時に現地集合だよ。
ところがどっこい。着いたら混んでんの。これが。

出たっ!また祐二のガセネタだよ〜。
なんてみんなに言われてさぁアイツ。バカだよねぇ。

とりあえず桜の木が密集してるポイントはもうムリっぽかったから、
結局、少し離れた場所の桜の下にブルーシートを広げたんだ。

いや人けは少なかったけど、あの桜の木もなかなか見事だったよ。
ピンク色が他の木より若干濃い感じでさ。
枝もブワァーっと広がっててさ。
少し葉桜になりかけてたけどね。

え?そりゃあいっぱい飲みましたよぉ。
学生のお花見なんてねぇ?
お酒飲んで騒げりゃいいって感じなんだから。

で、みんないい感じに酔ってきたところで、
例のごとく、陽子が言い出したんだよね。

ねぇ誰かぁ、怖い話してよぉーってさ。
また始まったよ、なんてみんな苦笑い。

アイツいつもそうなんだよね。自分はネタ持ってないくせに、
人に話しろ話しろってせがむのヤメてほしいよねぇ?

まぁブツブツ言いつつ、みんな自分の持ちネタを披露するんだけどさ。
この日は珍しく祐二も話してたなぁ。

アイツ普段はそんなに中心になって喋るタイプじゃないからね。
どっちかっつうと聞き役なのかな。
で、祐二がポツリポツリと話し始めたのが、こんな話だったんだ。


  ☆   ☆   ☆


「あれはオレが中学ぐらいの頃だったかなぁ。
オレん家この公園から歩いても15分ぐらいなんだけどさ。
近所の家で殺人事件が起こったんだよね。

そこは夫婦二人で住んでた一軒家なんだけど、
奥さんの方が行方不明になってさ。旦那が捜索願いを出したんだ。

あとはなんとなく想像付くでしょ?

そう。やっぱりその時の旦那の言動がおかしかったみたいなんだよね。
不審に思った警察が家を捜索すると、血痕なんかが見つかったらしい。
旦那を問い詰めてみたら、私がやりました。って白状したんだって。

ほんとよくある話だよね。
オレもまさか自分の近所で起こるとは思わなかったけどさ。
ところがね、その奥さんの遺体が、結局見つからなかったんだよ。

旦那は私がやりました、申し訳ありません。
妻の事はもうそっとしておいてやってください。
って言うばかりで、遺体のありかだけは決して口を割らなかったんだ。

動機はなんか、口論でカッとなった。って事らしいんだけど、
普段は普通に仲いい夫婦だったみたいなんだよね。

あくまで噂だよ?
でもこういう近所の噂って意外に信頼性あるじゃん。
奥さんは見つからないけど、旦那の自白があった訳だから、
当然、逮捕されるよね?

それがさぁ、拘置所に拘留されてる間に、
その旦那の方もポックリ逝っちゃったんだよ。

ビックリでしょ?
聞くところによると、元々心臓が良くなかったらしい。
やっぱり悪い事はできないよね。
天罰が下ったんだ。なんてウチのばぁちゃんは言ってたけど。

それでね、最後にその旦那が拘置所の係官に言った言葉がさ、

『うちの家内はとても桜が好きでした。
私はなぜあんな事をしてしまったんだろう。
今年の桜を見せてやりたかった……』

だったんだって。

もちろん、これも噂だよ?ここまで新聞やニュースには出てないからさ。
で、その後しばらくのあいだ、街でひそかに囁かれてたんだ。

奥さんはこの公園の桜の木の下に埋められたんじゃないか?

ってさ。

え?バカだなぁ。

警察はそんな噂話程度で、公園の桜を寝こそぎ掘り返したりしないさ。
だから、結局真相は分からずじまいって訳。

以上、おしまい!」


  ☆   ☆   ☆


そこで一瞬、空気が固まったんだけどね。

おいおい祐二ぃ、なんなんだよー。
その締まりの無い話はよー。
って、当然みんなブーイング。

でもよく見るとさ、ウチらの上にかぶさってた桜の枝の花びら。
ピンク色が妙に濃いんだよ。え?さっきも言った?まぁいいじゃん。

みんな祐二の話を聞いてからは、桜の木を見上げたり、
自分の足元をじっと見てみたり、急にそわそわしだしてさ。

なんか気味悪いじゃん。
だから、またそっからペースを上げて飲みだしたんだ。

いやぁ花びらがひらひらと舞ってて綺麗だったなぁ。

なに?酔ってたくせにって? 
うるせー。酔ってても分かる人には分かるんだよ。

ただ、オレの紙コップの酒に花びらが落ちた時。
赤いインクが波紋になって広がるように、
一瞬見えたんだけど……

ま、まぁ、あれは酔っ払ってたからだな。
どうせ祐二の話だし、ガセネタ、ガセネタ。

どう? お前も今度行ってみる? 

あの公園に。

スコップ持って。









ショートショート目次へ




posted by layback at 02:03
| Comment(9) | TrackBack(0) | ショートショート作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。