おすすめ作品

  「JP」 「糸電話」 「逆向き」 「締め切り」

  ショートショート全作品目次へ


「ボランティア部隊」


とある日曜の午後、

太一はひとり地元の商店街を歩いていた。

左右に並ぶ店先では、野菜や魚が照明を浴びてキラキラと輝いている。

通りは買い物袋をぶら下げた人々でそれなりに賑わっていた。

ん? なにやら前方から騒がしい声がする。

やがてモーゼの十戒のように人ごみが割れ、

その間を小学生の集団がずんずんと突き進んできた。

彼らは手に手にゴミはさみやビニール袋を持っている。

ポイ捨てをやめようー!

一人が声を出すと、

ポイ捨てをやめようー!

あとの者が繰り返す。

元気いっぱいだ。

ボランティアで街中の清掃をしているのだろう。

マナーの悪い大人が多いなか、こういう光景を見ると、

まだまだ日本も捨てたもんじゃない。そう思えてくる。

太一は通りの脇に身体を避け、少年少女達の善行を見守っていた。

おや?

子供の列に、どこかで見たような顔が混じっている。

小学生の中では、頭が一つ飛び出していた。あれは――

「おい、明日香」

あ。見つかった。そんな表情で彼女は振り向いた。

明日香は高校の時の同級生だった。会うのは久しぶりだ。

前回はたしか駅前で見かけたのだっけ。

その時は「彼氏が出来たの」なんてはしゃいでいたのだが、

今日の彼女は、なぜだか少しやつれて見えた。

「子供たちに混じってボランティアかい? 偉いじゃないか」

太一は喧騒にかき消されないように、大きな声で話しかけた。

「違うの……」

彼女はぼそっとつぶやいた。様子がおかしい。

「元気ないな、どうしたんだ?」

彼女はゴミはさみもビニール袋も持っていなかった。

「ははーん。道具を忘れたから、今日は声出し部隊なんだな」

太一は少し茶化すように、彼女の肩をポンと叩いた。

「……」

明日香は目線を下に落としたまま、返事をしない。

子供たちは吸殻やゴミを拾いながらどんどんと進んでいく。

「なんだよ、冗談じゃないか。ポイ捨て禁止運動で、吸殻を拾ってるんだろ?」

「ううん、違うの。

わたしも拾われたの……」

明日香はそう言うと、顔を両手で覆った。

彼女が以前、自慢げに見せた薬指の指輪が消えていた。

行き過ぎた行列から子供が二人戻ってきた。

嗚咽を上げる彼女の両脇を挟み、そのまま引き連れていった。










ショートショート目次へ







「雪だるま」


ある日、家に帰ると、雪だるまが私を出迎えた。
背の高さは約60センチ。体に比べると頭がやや小さい。
彼は玄関の脇で近衛兵のように静かに起立していた。

この日は大雪で、市内にしては珍しく、10センチ以上の積雪があった。
もう三月だというのに。 なぁ。私は雪だるまに話しかけた。
小顔の彼は口を真一文字に結んだまま、返事を返さなかった。

雪だるまは3歳になる息子の秀太と妻の真由美が共同で製作したそうだ。
ビールを飲みながら、真由美の話を聞いていると、秀太が割り込んできた。
彼は身振り手振りを交えつつ自らの奮闘ぶりを私に伝えようとする。
言葉はまだ無茶苦茶で意味不明だったが、
どうやら彼が大活躍したらしいという事は分かった。

バパに見せたかったんだよね。真由美のフォローに秀太は全力で頷く。
興奮の余り涎の垂れた口元を、パイル地のタオルで拭われながら。


それから数日後。雨が降った。
前日から気温は高かったが、この日の朝の時点で、まだ雪だるまは形を保っていた。
置かれていたのが日陰とは言え、普通なら形が崩れてきてもいいはずなのに。

今日はさすがに雪だるまも溶けてしまっただろう。
仕事を終えた私は、少し残念な思いを抱きながら帰途についた。
ところが予想に反して、この夜も雪だるまは我が家を守っていた。
もっとも、少々肩をすぼめてはいたのだが。

ご飯にする?お風呂にする?
真由美がいつものように訊いてくる。
雨に濡れ、気持ちが悪かったので、先に風呂に入ることにした。
雨の日独特の嫌な匂いが、熱いシャワーできれいに流れ落ちていった。
私はふかふかのバスタオルを頭にかぶりながらダイニングへ向かった。

秀太はもう寝たのかい?

ええ、寝たわ。

こちらに背中を向けて食卓に着いていた真由美は振り返りもせずに答えた。

あなたは?寝たの?

この女と。

彼女の肩越しに見える右手には、私の携帯電話が握られていた。
派遣の景子から入っていたメール。消し忘れたか。

咄嗟に言葉が出ない。

なんで否定してくれないのよ。

真由美の華奢な肩は細かく震えていた。

わたしが妊娠してるときにもあったわよね。
あの時、あなたなんて言ったか覚えてる?

覚えている。もう二度としない。

そう言った、だが――

「すまん」今日の私は、そう言うのが精一杯だった。

必死に否定することも、笑って何かの間違いだよ。と誤魔化すことも出来なかった。

真由美は携帯を食卓に叩きつけ、部屋から出て行った。
残された私は冷めた夕食を一人で食べた。
なんの味もしなかった。缶ビールを二本。無理矢理流し込んだ。



明くる日の晩。もうそこに雪だるまは居なかった。
彼はだらしなく溶けた雪の小山に姿を変えていた。

家の中に入ると真っ暗で、何もかもが冷えきっていた。
実家に帰ります。そんな書き置きすらなかった。

私は再び外へ出て煙草を口に咥えた。
もう煙を気にすることも無いのか。
玄関先で煙草の先に火を点けながら、ふとそう思う。

空を見上げて煙を吐き出した。
月は雲に隠れ、見えそうで見えなかった。

顔を下ろすと、雪の小山から何かが顔を出していることに気付いた。
その場にしゃがみこむ。咥え煙草のまま、雪を払いのけた。

黒い猫?

出てきたのはラベルに黒い猫の絵が描かれたワインだった。
貧乏だった学生時代、真由美と一緒によく飲んだものだ。
雪だるまを作るときに埋め込んだのだろう。
いたずら好きのあいつらしい。

ワインのボトルと一緒にビニール袋が添えられていた。
中には一枚の便箋が入っていた。
玄関先の薄明かりの中で目を細めながら読んだ。

いつも遅くまでご苦労様です。ありがとうね。
昔一緒によく飲んだワインです。覚えてる?
雪だるまが溶けたら一緒に飲もうね。 真由美

私は便箋をコートの内ポケットに仕舞った。
タイルの上で煙草の火を消した。
雪の塊を掻き分け、ワインを再び雪の中に差し入れた。

玄関のドアを開ける。
脱いだコートを放り投げ、靴箱の脇に置いてあったスコップを手に取った。
私は庭の隅に残っている屋根雪を運び始めた。

雪だるまはまだ溶けてないぞ。

真由美と秀太の顔が、交互に目に浮かんでは、じわじわと滲んでゆく。

なんて馬鹿なんだ。腰を落とし両手に力を込める。

凍りついている雪の塊がスコップを拒絶する。

許してくれ。もう二度とこんな思いはさせない。もう二度と。

そう呟きながら、私は何度も何度もスコップを振り続けた。

いつしか、冷たい月明かりが私の足元を照らし出していた。














ショートショート目次へ





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。